450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

メニュー

パーカッショニスト

さまざまな打楽器を操り曲のリズムに彩りを与える

パーカッショニストの主な仕事内容

パーカッショニスト(パーカッション奏者や打楽器奏者とも呼ぶ)は、クラシック、ジャズ、ポップスなどの分野で楽団員やフリーランスとして複数の打楽器を演奏するプロです。他の楽器の演奏者と異なり、さまざま打楽器(バスドラム、スネアドラム、ティンパニ、シンバル、木琴、マリンバ、グロッケン、カスタネット、タンバリン、トライアングルなど)を何種類も操り演奏しなければなりません。どんな音が必要とされているかを柔軟に感じ取り、曲のリズムに彩りを与える多彩な表現力も求められます。また、演奏に使う打楽器は重いものも多く、運搬するための体力も必要です。
パーカッショニストとして生計を立てるのは難しく、吹奏楽部の指導者や音楽教室の講師として仕事をするケースも多いようです。フリーランスで仕事をするなら積極的な営業活動も欠かせないでしょう。


パーカッショニストを目指す学校を探す

パーカッショニストになるには

パーカッショニストになるには、師事する演奏家を早く見つけることと、その演奏家が在籍する音楽大学や短大に進んでクラシック音楽からラテンやアフリカなどの民族音楽まで幅広い打楽器演奏の経験を積むことが夢を叶える近道になるでしょう。
音に対する感性を磨いて深みのある表現ができるよう地道に努力を続けていくことも大切です。

高校生の方:
パーカッショニストを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
パーカッショニストに必要な資格・講座を探す


関連する仕事や資格について

※パーカッショニストに関係のある仕事や資格を一覧でみられます。資格に必要な学校も同時に調べられます。


楽器に関わる仕事や資格


「サッカーする」流れを180°変える新しいサービス「TEAMO」サイト

ページトップ