職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

シューフィッター

靴の専門アドバイザー

シューフィッターの主な仕事内容

シューフィッターは、靴専門店や百貨店などの靴売場で、お客の足型を計測し、最適な既製靴の選定をアドバイスし調整や販売を行う。
まず、複数の計測用具を用いて、お客の足底の形、踏付部の足囲、足の各部位の高さや形状などを測定し、足を立体的に把握する。
足型計測の結果をもとに、お客に対し問診、視診、触診などを行う。
問診結果とお客の意向をもとに、適した既製靴の選定をアドバイスする。
選定した靴はお客に試着してもらって、複数の項目からなる適性度(フィッティング)をチェックする。
さらに、左右の足の履き心地を整えるために、中敷きの調整などのパッキングワークを行うこともある。
靴や足の健康に関するお客の質問に的確に対応し、情報の提供なども行う。
最後に、微調整の済んだ靴の販売を行う。
最近では、中高年層を中心としたウォーキングブームや外反母趾など様々な足の障害への対応から、足に合った靴を選ぶことへの関心も高まりつつある。
シューフィッターのいる靴売場や専門店で、納得のいく靴を選ぼうとする人が増えている。


シューフィッターを目指す学校を探す

シューフィッターになるには

専門知識・技術をもった靴の販売員であり、靴専門店やデパートの販売員として就職し経験を積んでいくか、製靴メーカーで製造の実務を積む必要があります。どちらの場合でも、3年以上の実務経験が必要となります。その後、(FHA)主催のシューフィッター養成講座を受講し合格すると初級資格であるプライマリーを取得できます。上級資格として、バチェラー、マスターがあります。接客業ですので、コミュニケーション能力の高い人、就業後も技術を向上させようという向上心のある人に向いているようです。

高校生の方:
シューフィッターを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
シューフィッターに必要な資格・講座を探す

資格について

※シューフィッターに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

ファッションビジネスに関わる資格



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2229216086631747"
data-ad-slot="6817941067"
data-ad-format="autorelaxed">


関連記事

弁護士

弁護士 (ベンゴシ)

法律のプロフェッショナル 弁護士の主な仕事内容 弁護士は、基本的人権の擁護、社会正義

記事を読む

商品開発部員

商品開発部員 (ショウヒンカイハツブイン)

企業の業績のカギを握る最重要部門 商品開発部員の主な仕事内容 商品開発は、以前は企業

記事を読む

船舶機関士

船舶機関士 (センパクキカンシ)

ほとんどが商船大学、商船高等専門学校の出身者 船舶機関士の主な仕事内容 船舶機関士の仕事

記事を読む

DIY店店員

DIY店店員 (ディーアイワイテンテンイン)

一般的にはホームセンターなどといわれる販売店の店員 DIY店店員の主な仕事内容 DI

記事を読む

照明デザイナー

照明デザイナー (ショウメイデザイナー)

光そのものをデザインする仕事 照明デザイナーの主な仕事内容 照明器具をデザインするのでは

記事を読む

パン職人(ブーランジェ)

パン職人(ブーランジェ)

焼きたてのおいしいパンで日本の食生活を豊かに パン職人(ブーランジェ)の主な仕事内容

記事を読む

空間デザイナー

空間デザイナー (クウカンデザイナー)

店舗や住宅などの空間の演出家 空間デザイナーの主な仕事内容 空間デザイナーの仕事は、店舗

記事を読む

アートディレクター

アートディレクター

情報をいかに分かりやすく効果的に伝えるかを考えて、企画から制作までを指揮する。 アートディ

記事を読む

公認会計士

公認会計士

会計、監査の専門家 高収入で社会的地位も高い 公認会計士の主な仕事内容 公認会計士は

記事を読む

合板工

合板工 (ゴウバンコウ)

公共の職業訓練施設は現在のところない 合板工の主な仕事内容 一般には合板は、ベニヤ板とか

記事を読む



PAGE TOP ↑