職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

秘書 (ヒショ)

秘書技能検定や国際秘書検定でスキルの向上を

秘書の主な仕事内容

秘書の仕事は、社長や重役など、経営組織の役員の傍らで、日常の身辺処理やこまごまとした用事を引き受けていくというのが仕事内容になります。
秘書は、役員の目となり耳となり、手足となってその仕事を助けています。秘書の仕事を大きく分けると、「社内外との連絡・応対業務」「文書の作成、受発注管理」「資料や情報の収集、整理、管理」「スケジュール表の作成」「その他の用務」となります。近年はわが国でも、欧米のように短大や専門学校で専門の秘書教育を受けて、企業、団体に入職して秘書室に配属される人が増えています。

また、細かな仕事内容としては、口頭や文書でよせられる膨大な情報のなかから必要な情報だけを取捨選択し、わかりやすい形にまとめて上司に報告を行ったり、外国の文書の場合には、日本語への翻訳をします。
役員の出張の手配、慶弔の準備、会議の議事録作成、取引先の人事情報のチェック、新聞のスクラップなども業務の一環です。
さらに上司からの特命業務を行う場合もあります。

秘書を目指す学校を探す

秘書になるには

秘書業務に関する基礎的な知識、技能を身につけたいなら、短大や専門学校などで秘書概論、秘書実務、レコードマネージメント、秘書英語、会計事務、商業英語などの秘書に関連した科目を習得した方がよいでしょう。
秘書技能を向上させるために、多くの人が「秘書技能検定(1級~3級)」「国際秘書検定(CBS)」などの検定試験にも挑戦しています。実際の秘書業務の遂行の仕方は、各企業によって異なります。外資系企業などにおいては、高度の語学力や実務能力などが求められます。

一般的に、機転がきき他人に気配りができる、明るく感受性が豊かである、積極的で記憶力がよいことなどが求められます。
また、コンピュータ操作をはじめとする事務処理能力が必要とされます。

高校生の方:
秘書を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
秘書に必要な資格・講座を探す


関連する仕事や資格について

※秘書に関係のある仕事や資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

企業・経営に関する仕事



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2229216086631747"
data-ad-slot="6817941067"
data-ad-format="autorelaxed">


関連記事

食品技術者

食品技術者 (ショクヒンギジュツシャ)

食品業界は好不況の波をあまり受けない堅実な業種 食品技術者の主な仕事内容 食品技術者は加

記事を読む

溶接工

溶接工 (ヨウセツコウ)

公共の職業訓練校で技術を身に付けられる 溶接工の主な仕事内容 溶接工は、金属材料の接合方

記事を読む

トランペッター

トランペッター

ソリスト、オーケストラ奏者、ジャズプレイヤーなどで活躍するトランペットのプロ奏者 トランペッタ

記事を読む

webprogrammer

WEBプログラマー (ウェブプログラマー)

インターネットならではの双方向データを実現させる WEBプログラマーの主な仕事内容

記事を読む

放送エンジニア

放送エンジニア (ホウソウエンジニア)

放送に必要な専門技術を駆使 放送エンジニアの主な仕事内容 放送エンジニアとは、テレビ

記事を読む

パティシエ

パティシエ

創造性、美的センスが問われる技術職 パティシエの主な仕事内容 パティシエの仕事は、洋

記事を読む

漫画原作者

漫画原作者 (マンガゲンサクシャ)

登場人物から、場面設定までマンガのストーリーを考える 漫画原作者の主な仕事内容 マン

記事を読む

検察官

検察官 (ケンサツカン)

社会秩序を維持するため、事件解決にあたる 検察官の主な仕事内容 強盗、殺人、汚職など

記事を読む

トレーサー

トレーサー (トレーサー)

製図の原画を完全な図面に仕上げる トレーサーの主な仕事内容 設計技師やデザイナーが描いた図面

記事を読む

オプティシャン

オプティシャン

眼鏡やコンタクトレンズのアドバイザー オプティシャンの主な仕事内容 オプティシャンは

記事を読む



PAGE TOP ↑