職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

ファッションデザイナー

服だけではなくトータルデザインも

ファッションデザイナーの主な仕事内容

ファッションデザイナーは、時代の流行や変化を読み、人々の要望に応えられるような衣服のデザインを行う。

洋装品のデザインから縫製までを一貫して手がけるが、製造から小売店までを結ぶコーディネーターの役割をする場合もある。

デザインの発注を受けると、販売対象や商品のコンセプトを分析し、企画の意図に沿ってオリジナルの衣服のデザインを行う。
デザインの際は、衣服の素材、色、デザインを総合的に検討し、デッサンや試作を重ねて製品化するデザインを絞り込んでいく。

高級注文服などの場合は一着から数着のためにデザインを行う。
また、既製服の場合はそのデザインをもとに数十万着もの服をつくることもある。
既製服の場合は、対象となる顧客は不特定多数の消費者となるため、的確にニーズをつかみ、斬新なデザインを提供する必要がある。

服のデザインを行った後、素材を選び、型(パターン)をつくり、素地を裁断し、縫う作業を行う。
デザイナー、パタンナー、カッター、縫製者で作業を分担して共同作業をする場合が多く、その際はディレクター的な役割を果たす。

最近では、生活用品や人々が身につける装身具など、ファッション全般についてデザインをする場合も多くなっており、仕事の範囲は広がっている。
の先を読む感性が要求されます。

ファッションデザイナーを目指す学校を探す

ファッションデザイナーになるには

服飾関係の専門学校や大学などで、服作りの基本知識と技術を学んだ後、アパレルメーカーなどに就職するのが一般的です。アシスタントやパタンナーとして実績を積み、企業内デザイナーとしてスキルアップします。また、著名なデザイナーのもとでアシスタントとして修業を積んだり、各種デザインコンクールに積極的に参加するなどして独自ブランドを立ち上げる人もいます。

関連資格に、洋裁技術検定などがあります。

高校生の方:
ファッションデザイナーを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
ファッションデザイナーに必要な資格・講座を探す


資格について

※ファッションデザイナーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

服作りの資格


関連記事

食品技術者

食品技術者 (ショクヒンギジュツシャ)

食品業界は好不況の波をあまり受けない堅実な業種 食品技術者の主な仕事内容 食品技術者は加

記事を読む

美術スタッフ

美術スタッフ (ビジュツスタッフ)

映画で使用するセットや大道具・小道具のデザイン・制作をする 美術スタッフの主な仕事内容

記事を読む

ベーシスト

ベーシスト

バンドやスタジオで活動するベース奏者 ベーシストの主な仕事内容 バンドや歌手のバッキ

記事を読む

ビューティーアドバイザー

ビューティアドバイザー

化粧技術・知識を駆使する販売員 ビューティアドバイザーの主な仕事内容 ビューティアド

記事を読む

スポーツトレーナー

スポーツトレーナー (スポーツトレーナー)

トレーニング指導の専門家 スポーツトレーナーの主な仕事内容 プロ野球選手の専属トレーナー

記事を読む

専門学校教員

専門学校教員 (センモンガッコウキョウイン)

専門家としての学識と指導力が求められる 専門学校教員の主な仕事内容 専門学校教員の仕

記事を読む

DIY店店員

DIY店店員 (ディーアイワイテンテンイン)

一般的にはホームセンターなどといわれる販売店の店員 DIY店店員の主な仕事内容 DI

記事を読む

イベント制作スタッフ

イベント制作スタッフ (イベントセイサクスタッフ)

会場作りから広報までイベント全般を担当 イベント制作スタッフの主な仕事内容 企業の販

記事を読む

ナレーター

ナレーター

映像に言葉をのせていく専門家 ナレーターの主な仕事内容 映画やドキュメンタリー、テレビド

記事を読む

金融ディーラー

金融ディーラー (キンユウディーラー)

相場界の金融スペシャリスト 金融ディーラーの主な仕事内容 ディーラーは、外国為替、外

記事を読む



PAGE TOP ↑