職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

コピーライター

商品宣伝などのコピーをつくる

コピーライターの主な仕事内容

 コピーライターとは、商品などの広告・宣伝の文案(コピー)やキャッチフレーズを考えて書く人です。
 商品の内容やスポンサーの意図を把握したうえで読者や消費者の目を引く、斬新な文章を書くことが要求されます。コピーライターは、方向性やアイデアを積極的に出し、あわせて、キャッチフレーズなどのアイデアの中心となる言葉をスタッフに提示する。
 方向性とアイデア、キャッチフレーズが決定したら、ラフスケッチをスタッフとともに制作し、広告主にプレゼンテーションをする。
 広告主が提案を受け入れた場合、その広告を実際に制作していく。
 また、消費者に企業のことをよりよく理解してもらうために、会社案内などの文案を作ることもある。
 正確かつわかりやすく会社の意思を伝達できるように注意する。

 単に机の前に座って文章を考えるだけではなく、多くのデータや情報を集めて、時代のニーズと結びついたコピーを考える必要がある。折り込み広告、ポスター、CMなど仕事内容はさまざまです。


コピーライターを目指す学校を探す

コピーライターになるには

 特に必須となる資格はありません。
 広告制作会社や広告代理店、企業の広告・宣伝部門などでは、高校や大学などを卒業した人が、コピーライターとして多く働いています。
 入職時には、広告や宣伝の知識は必要とされないが、書くことが好きなこと、広告・宣伝に興味があること、時代を先取りするセンスが要求される。
 経験を積んで創造力を高めていくと、プロモーション活動全体に関わるようになる。
 デザイナーやカメラマンなどをまとめたり、宣伝・広告活動全体のディレクターを兼ねることもある。
 経験を積んだ後に独立し、フリーランスとして働くコピーライターも数多くいます。

高校生の方:
コピーライターを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
コピーライターに必要な資格・講座を探す


資格について

※コピーライターに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

広告に関する仕事


関連記事

広告会社営業部員

広告会社営業部員 (コウコクガイシャエイギョウブイン)

マルチメディア時代に適合したニュータイプの営業部員への期待が高まる 広告会社営業部員の主な

記事を読む

新聞記者

新聞記者 (シンブンキシャ)

多領域にわたっての幅広い知識が必要 新聞記者の主な仕事内容 新聞記者は、公正な立場で

記事を読む

音楽雑誌記者

音楽雑誌記者 (オンガクザッシキシャ)

音楽情報を記事にして提供する 音楽雑誌記者の主な仕事内容 音楽のジャンルや雑誌のコンセプ

記事を読む

アートディレクター

アートディレクター

情報をいかに分かりやすく効果的に伝えるかを考えて、企画から制作までを指揮する。 アートディ

記事を読む

翻訳者

翻訳者 (ホンヤクシャ)

実際の需要は匿名の産業翻訳が圧倒的 翻訳者の主な仕事内容 日本は翻訳文化の国といわれ

記事を読む

スポーツカメラマン

スポーツカメラマン (スポーツカメラマン)

スポーツの試合や選手の撮影をする スポーツカメラマンの主な仕事内容 新聞や雑誌に掲載した

記事を読む

写真・映像処理オペレーター

写真・映像処理オペレーター (シャシンエイゾウショリオペレーター)

ラボマンなどとも呼ばれる現像所、カラーラボのオペレーター 写真・映像処理オペレーターの主な仕事

記事を読む

観光局スタッフ

観光局スタッフ (カンコウキョクスタッフ)

各国の観光局で観光案内を行う 観光局スタッフの主な仕事内容 各国の窓口となり、政府に

記事を読む

脚本家

脚本家 (キャクホンカ)

映画の構成を考え出演者のセリフ(台本)を書く 脚本家の主な仕事内容 映画やTVドラマ

記事を読む

プロセス製版オペレーター

プロセス製版オペレーター (プロセスセイハンオペレーター)

色覚に異常のないことが条件 プロセス製版オペレーターの主な仕事内容  プロセス製版オ

記事を読む



PAGE TOP ↑