職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

医療事務 (イリョウジム)

診療費用を請求するための書類(レセプト)の作成を行う

医療事務の主な仕事内容

医療事務とは、病院において、診療費用を請求するための書類(レセプト)の作成を行ったり、窓口において、外来の受付、診察料の請求、入退院の手続きなどを行う。

診察が終わった患者のカルテを見て、診察の内容、検査の種類、薬の量などをコンピュータに入力して点数化し、患者が自己負担する金額を計算する。
患者ごとに点数を整理表に記載し、1ヶ月間の点数を計算して、レセプトと呼ばれる診療報酬請求明細書を作成する。
多くの病院において保険請求事務はコンピュータで処理されるため、見落としや誤りがないかどうか、打ち出されたレセプトのチェックを慎重に行う。
レセプトは、毎月の決められた期日までに健康保険組合に提出する。

また、窓口において外来患者の受け付けを行ったり、新規患者のカルテを作成したり、診察料の計算と会計をしたり、カルテの整理と保管をしたり、入退院の手続きをしたりすることもある。

医療事務を目指す学校を探す

医療事務になるには

学卒後すぐに入職することは少なく、専門学校や通信教育などで薬価点数や診療報酬点数の換算方法、請求書の作成の仕方、カルテの見方などを勉強してから、入職する場合が多い。
特別な国家資格認定は必要とされない。
民間で認定されている医療事務の資格を持っていれば有利であるが、入職の必須条件ではない。

診察料と投薬料の点数など簡単な計算から始めて経験を積み、レントゲンや注射、手術、入院料など複雑な点数計算をするようになる。

書類に転記し点数を計算する反復作業のため、根気のいる仕事である。
見落としや間違いがないように注意深さが求められる。
医師の指導を受けながら経験を積み重ね、多くのカルテをこなして慣れることが必要である。

関連資格に医療保険請求事務者、診療報酬請求事務、医療事務技能審査試験などがあります。

高校生の方:
医療事務を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
医療事務に必要な資格・講座を探す


講師募集【医療事務】  詳しくはこちら


資格について

※医療事務に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

医療事務・病院運営に関する資格


関連記事

作業療法士

作業療法士 (サギョウリョウホウシ)

社会適応能力を回復させる 作業療法士の主な仕事内容 身体や精神に障害がある人に対して、手

記事を読む

WEBクリエーター

WEBクリエイター (ウェブクリエイター)

インターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・制作を行う。 WEBクリエイターの主

記事を読む

helper

介護ヘルパー (カイゴヘルパー)

地域在宅老人・介護ケアの調整役 介護ヘルパーの主な仕事内容 福祉行政でも老人介護は在宅を

記事を読む

配管工

配管工 (ハイカンコウ)

衛生配管工と空調配管工に分かれる 配管工の主な仕事内容 水道やガスなどの配管工事を行

記事を読む

電子計算機オペレーター

電子計算機オペレーター (デンシケイサンキオペレーター)

大企業のコンピュータシステムの管理人 電子計算機オペレーターの主な仕事内容 電子計算

記事を読む

ケースワーカー

ケースワーカー (ケースワーカー)

地域で福祉サービスを必要とするに相談・助言を行う ケースワーカーの主な仕事内容 ケースワ

記事を読む

テレフォンオペレーター

テレフォンオペレーター

会社・企業の窓口として電話の応対を行う テレフォンオペレーターの主な仕事内容 テレフ

記事を読む

医師

医師 (イシ)

医師のトップ資格 医師の主な仕事内容 医師は、現代社会において最も知名度の高い職業のひと

記事を読む

スポーツトレーナー

スポーツトレーナー (スポーツトレーナー)

トレーニング指導の専門家 スポーツトレーナーの主な仕事内容 プロ野球選手の専属トレーナー

記事を読む

紡織保全工

紡織保全工 (ボウショクホゼンコウ)

紡績業、織物業は1世紀を超える歴史と技術をもつ 紡織保全工の主な仕事内容 紡績業、織物業

記事を読む



PAGE TOP ↑