職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

型枠大工 (カタワクダイク)

土木、建築両面からの需要があり専門職として重要視される

型枠大工の主な仕事内容

 ビル建築には、大小に関わらずその大半に「鉄筋コンクリート工法」または「鉄骨コンクリート工法」が用いられています。この工法は、杭の上に鉄筋を組み、これを型枠で囲って柱などの形を作り、その中にコンクリートを流し込み固める工法で、この型枠を作り組み立てるのが型枠大工(型枠工)です。
 型枠大工の行う仕事の種類は、ビル建築にとどまらず、土木工事でも新幹線、橋、トンネル、地下鉄などコンクリートを使う工事はすべて対象となり、現在ますますこの職業の需要が増大しています。当初は木造大工がこの仕事を行っていたため、現在でも型枠大工と木造大工を兼ねている人がいます。


型枠大工になるには

 型枠大工の仕事の内容は、施工図作成、材料段取り、測量墨出し、加工、組立など、建設技能者のうちでは高度な技能が要求されます。
 これまでは、まず大工見習いとして縁故などから就業するケースが多かったのですが、最近は大手業者が新規学卒者を募集して認定訓練校で教育を受けさせ、将来の幹部要員として養成するケースが増えてきました。
 しかし、一般的には型枠大工見習いとしてまず就職し、技能を習得して一人前になる例が多いようです。ある程度仕事に精通してきたら、1・2級型枠施工技能士や「型枠支保工の組立て等作業主任者」の資格を取り、技術と知識に磨きをかけていきます。
 建設業界では、労働時間短縮のため、日曜・祝日はもちろんのこと土曜日も月2回休むようになっています。
ただし、屋外工事が多いため、雨天などで作業が遅れた後は日程に追われ、残業だけでは間に合わないため休めないときもあります。
 仕事の内容により高所作業もあるので、あまり高齢者には向かないが、下ごしらえなどの地上の仕事は可能です。


資格について

※型枠大工に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

建築・土木系の資格


関連記事

美術スタッフ

美術スタッフ (ビジュツスタッフ)

映画で使用するセットや大道具・小道具のデザイン・制作をする 美術スタッフの主な仕事内容

記事を読む

舞台機構調整技能士

舞台機構調整技能士(ブタイキコウチョウセイギノウシ)

ステージを支える仕事 舞台機構調整技能士の主な仕事内容 華やかなステージを「音」に関わり支える

記事を読む

建築士

建築士 (ケンチクシ)

快適な居住空間の演出家 建築士の主な仕事内容 建築士の主な仕事は、一般住宅からオフィ

記事を読む

DIY店店員

DIY店店員 (ディーアイワイテンテンイン)

一般的にはホームセンターなどといわれる販売店の店員 DIY店店員の主な仕事内容 DI

記事を読む

保温工

保温工 (ホオンコウ)

オフィスビルやマンション等の設備工事が主になる 保温工の主な仕事内容 保温工の仕事は、オ

記事を読む

カーデザイナー

カーデザイナー

コンセプトを形にする自動車のデザイナー カーデザイナーの主な仕事内容 自動車メーカーなど

記事を読む

イベントプロデューサー

イベントプロデューサー

イベントの全体的指揮をとる イベントプロデューサーの主な仕事内容 イベントの企画立案

記事を読む

合板工

合板工 (ゴウバンコウ)

公共の職業訓練施設は現在のところない 合板工の主な仕事内容 一般には合板は、ベニヤ板

記事を読む

貴金属宝石細工工

貴金属宝石細工工 (キキンゾクホウセキザイクコウ)

製造工程が女性向きなため女子の就業者が急増 貴金属宝石細工工の主な仕事内容  金やプラチ

記事を読む

建築積算技術者

建築積算技術者 (ケンチクセキサンギジュツシャ)

建築物の施工に先立ち工事費を算出する仕事 建築積算技術者の主な仕事内容 積算とは見積りと

記事を読む

PAGE TOP ↑