職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

グラフィックデザイナー

フリーで活躍できれば一流の仲間入り

グラフィックデザイナーの主な仕事内容

グラフィックデザイナーとは、日常生活で目にする広告、出版物、商品パッケージ、インターネットなどのデザインやイメージを、魅力的な色や形、構図などを考え、視覚的な表現手法を用いて創作仕事です。
まず、依頼主の目的、商品内容、予算、媒体、納品期日などを確認ます。
その内容に基づいて構想を練り、依頼主の意図に沿ったデザインを自分の感性で作り上げ、必要なスタッフ、制作費、スケジュールなどの計画を立てます。
レタリング技術のほか印刷や製版の知識も不可欠ですが、最近では、デザインツールとしてCG技術を使う場合も多いので、コンピュータに関する知識や技術も必要です。
最近では、紙、筆、三角定規を使って手作業で行う仕事は減り、パソコンを使用して制作する仕事が増えている。
今後、デザインのデジタル化が進み、広範囲にわたってグラフィックデザイナーの役割はますます重視されるようになると予想される。


グラフィックデザイナーになるには

 グラフィックデザイナーになる為に必要な資格は特にありません。
専門学校や大学などでデザインに関する知識や技術を学ぶ他、独学で学びグラフィックデザイナーになる場合もあります。広告代理店やデザイン会社などで働いた後、独立することもできます。
企業に勤務している場合は、給与や労働時間は会社の規定に従うが、時間内で一定量の作業をすればよいという仕事ではないので、個人の才能や仕事の速さ、仕事量などにより異なる。
また、依頼者と密接に打ち合わせをする必要があるために時間は不規則になりがちで、残業や休日出勤があったり、フリーで働いている場合には、仕事量との兼ね合いで思うように休みがとれないこともある。

高校生の方:
グラフィックデザイナーを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
グラフィックデザイナーに必要な資格・講座を探す


資格について

※グラフィックデザイナーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

コンピュータを扱う資格


関連記事

手話通訳士

手話通訳士 (シュワツウヤクシ)

聴覚障害者と健職者の対話をサポート 手話通訳士の主な仕事内容 手話を音声言語に、あるいは

記事を読む

リフレクソロジスト

反射学療法を用いた民間療法士 リフレクソロジストの主な仕事内容 心身の健康作りをサポ

記事を読む

医療情報管理士

医療情報管理士 (イリョウジョウホウカンリシ)

カルテや診療情報を管理し、研究や広報にも活用 医療情報管理士の主な仕事内容 カルテを

記事を読む

型枠大工

型枠大工 (カタワクダイク)

土木、建築両面からの需要があり専門職として重要視される 型枠大工の主な仕事内容  ビ

記事を読む

スポーツカメラマン

スポーツカメラマン

スポーツの試合や選手の撮影をする スポーツカメラマンの主な仕事内容 新聞や雑誌に掲載した

記事を読む

編集者

エディター

本や雑誌の企画・編集から取材まで エディターの主な仕事内容 書籍や雑誌などの本づくり

記事を読む

映画バイヤー

映画バイヤー(エイガバイヤー)

映画のスペシャリスト 映画バイヤーの主な仕事内容 映画バイヤーとは世界各国の映画祭や映画見本市

記事を読む

電車運転士

電車運転士 (デンシャウンテンシ)

鉄道輸送の最前線 徹底した安全の認識が必要 電車運転士の主な仕事内容 電車運転士の仕事は

記事を読む

測量士

測量士 (ソクリョウシ)

建設業、不動産業、官公庁、測量会社など多方面で活躍 測量士の主な仕事内容 測量士の仕

記事を読む

WEBビデオディレクター

WEBビデオディレクター (ウェブビデオディレクター)

ビデオカメラで撮影した映像を編集し、画像データをつくる WEBビデオディレクターの主な仕事内容

記事を読む

PAGE TOP ↑