職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

グラフィックデザイナー

フリーで活躍できれば一流の仲間入り

グラフィックデザイナーの主な仕事内容

グラフィックデザイナーとは、日常生活で目にする広告、出版物、商品パッケージ、インターネットなどのデザインやイメージを、魅力的な色や形、構図などを考え、視覚的な表現手法を用いて創作仕事です。
まず、依頼主の目的、商品内容、予算、媒体、納品期日などを確認ます。
その内容に基づいて構想を練り、依頼主の意図に沿ったデザインを自分の感性で作り上げ、必要なスタッフ、制作費、スケジュールなどの計画を立てます。
レタリング技術のほか印刷や製版の知識も不可欠ですが、最近では、デザインツールとしてCG技術を使う場合も多いので、コンピュータに関する知識や技術も必要です。
最近では、紙、筆、三角定規を使って手作業で行う仕事は減り、パソコンを使用して制作する仕事が増えている。
今後、デザインのデジタル化が進み、広範囲にわたってグラフィックデザイナーの役割はますます重視されるようになると予想される。


グラフィックデザイナーになるには

 グラフィックデザイナーになる為に必要な資格は特にありません。
専門学校や大学などでデザインに関する知識や技術を学ぶ他、独学で学びグラフィックデザイナーになる場合もあります。広告代理店やデザイン会社などで働いた後、独立することもできます。
企業に勤務している場合は、給与や労働時間は会社の規定に従うが、時間内で一定量の作業をすればよいという仕事ではないので、個人の才能や仕事の速さ、仕事量などにより異なる。
また、依頼者と密接に打ち合わせをする必要があるために時間は不規則になりがちで、残業や休日出勤があったり、フリーで働いている場合には、仕事量との兼ね合いで思うように休みがとれないこともある。

高校生の方:
グラフィックデザイナーを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
グラフィックデザイナーに必要な資格・講座を探す


資格について

※グラフィックデザイナーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

コンピュータを扱う資格


関連記事

船舶機関士

船舶機関士 (センパクキカンシ)

ほとんどが商船大学、商船高等専門学校の出身者 船舶機関士の主な仕事内容 船舶機関士の仕事

記事を読む

ディスパッチャー

ディスパッチャー

航空機の運航管理を行う ディスパッチャーの主な仕事内容 ディスパッチャー(運航管理者)は

記事を読む

法務教官

法務教官 (ホウムキョウカン)

少年院などで社会復帰させるための指導を担当 法務教官の主な仕事内容 法務教官の仕事は

記事を読む

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニア

現代の企業に不可欠なネットワークのスペシャリスト ネットワークエンジニアの主な仕事内容

記事を読む

バーテンダー

バーテンダー

多種多様な酒の味をクリエイト バーテンダーの主な仕事内容 バーテンダーは、ホテルのバーラ

記事を読む

貿易スタッフ

貿易スタッフ

商業英語、外国為替、経済学などの知識が仕事に役立つ 貿易スタッフの主な仕事内容 貿易

記事を読む

駐車場管理人

駐車場管理人 (チュウシャジョウカンリニン)

高年齢でも就業できるが労働力の需要は減少傾向 駐車場管理人の主な仕事内容 駐車場管理人の

記事を読む

ケースワーカー

ケースワーカー

地域で福祉サービスを必要とするに相談・助言を行う ケースワーカーの主な仕事内容 ケースワ

記事を読む

helper

訪問介護員 (ホウモンカイゴイン)

地域在宅老人・介護ケアの調整役 訪問介護員の主な仕事内容 福祉行政でも老人介護は在宅を中心と

記事を読む

ウェブマスター

WEBマスター (ウェブマスター)

ホームページの利用者と制作スタッフの橋渡し役 WEBマスターの主な仕事内容 ホームペ

記事を読む



PAGE TOP ↑