職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

警備員 (ケイビイン)

安全産業として定着し、社会的役割を担う

警備員の主な仕事内容

一般にガードマンやガードウーマンと呼ばれる警備員は、建物の内外や人が大勢集まるところ、あるいは逆に人目が行き届かないところで、事件の発生や事故の発生を警戒防止する仕事です。
警備員の仕事の内容は多種多様で、警備業法によると、ビル、銀行、病院などの施設において盗難防止や事故警戒にあたる1号警備、道路工事現場や祭礼、イベント、駐車場での交通誘導等にあたる2号警備、現金や貴重品、美術品などの運搬などを行う3号警備、民間における要人の身辺警護にあたる4号警備があり、さらに夜間無人になる建物などにセンサーを設置し、基地局において監視や警戒にあたる機械警備などに分類されます。

警備員を目指す学校を探す

警備員になるには

 警備員になるために特別な資格は必要ありません。
しかし、人の生命や財産を守るという責任感が強く要求される仕事であるため、警備業法の適用のもとに、警備員の制限を求めていて、禁治産者や何らかの犯罪で刑を執行されたり、精神病者、アルコール、覚醒剤の中毒者などは、警備員になることはできません。
こうした制限に該当しない人は、学歴、性別を問わずだれでも警備員になれますが、警備員として企業に就職した場合は、業法の定めるところにより、その企業において30時間以上の警備員教育を受けなければ警備員として勤務できないことになっています。
また、警備員としての知識や能力を評価するものとして、都道府県公安委員会による「警備員検定」が実施されています。

高校生の方:
警備員を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
警備員に必要な資格・講座を探す


資格について

※警備員に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

企業・経営に関する資格



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2229216086631747"
data-ad-slot="6817941067"
data-ad-format="autorelaxed">


関連記事

音楽雑誌記者

音楽雑誌記者 (オンガクザッシキシャ)

音楽情報を記事にして提供する 音楽雑誌記者の主な仕事内容 音楽のジャンルや雑誌のコンセプ

記事を読む

ファッションデザイナー

ファッションデザイナー

服だけではなくトータルデザインも ファッションデザイナーの主な仕事内容 ファッション

記事を読む

モデラー

モデラー

デザイン案からクルマの立体モデルを作る モデラーの主な仕事内容 設計図を書く前段階と

記事を読む

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター (カラーコーディネーター)

色彩に関する幅広い分野で活躍 カラーコーディネーターの主な仕事内容 アパレル製品、化

記事を読む

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザー (ショウヒセイカツアドバイザー)

企業内で活躍する消費者とのパイプ役 消費生活アドバイザーの主な仕事内容 消費生活アド

記事を読む

スポーツトレーナー

スポーツトレーナー (スポーツトレーナー)

トレーニング指導の専門家 スポーツトレーナーの主な仕事内容 プロ野球選手の専属トレーナー

記事を読む

イベント制作スタッフ

イベント制作スタッフ (イベントセイサクスタッフ)

会場作りから広報までイベント全般を担当 イベント制作スタッフの主な仕事内容 企業の販

記事を読む

コンシェルジュ

コンシェルジュ

ホテルの何でも相談係 コンシェルジュの主な仕事内容 ホテルには様々な目的を持った人達

記事を読む

言語聴覚士

言語聴覚士 (ゲンゴチョウカクシ)

福祉現場でのサービス向上に今後注目される 言語聴覚士の主な仕事内容 言語聴覚障害者に

記事を読む

玩具店店員

玩具店店員 (オモチャテンテンイン)

玩具イコール子供のもの、という認識は変わりつつある 玩具店店員の主な仕事内容  玩具店店

記事を読む



PAGE TOP ↑