職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

臨床検査技師 (リンショウケンサギシ)

医学検査の専門技術者

臨床検査技師の主な仕事内容

臨床検査技師の仕事は、医学の著しい進歩に伴い、疾病の診断、治療のための検査、とりわけ脳波検査や心電図などの生理学的検査が医療上に占める役割は大きくなっています。病院や診療所などで、厚生労働大臣の免許を受けた臨床検査技師が、医師の指導監督の下にこれらの検査を行います。

臨床検査には、患者の体から血液、尿、組織の一部などを取り出して行う「検体検査」と、体の表面や内部を検査する「生体検査」の2種類があります。検査結果は、正しい診断と効果的な治療を行うために重要な情報となります。

生体検査では、体の表面や内部の状態を、人体に測定器を付けて計測し、データをとります。心電図で心臓の機能を検査したり、脳機能の状態を脳波計でとらえたり、腫瘍の診断のために超音波診断装置を用いて画像を記録します。

検体検査には、患者の血液、尿、便などからそこに含まれる細菌、ウイルスなどを調べ、病気の原因となる微生物を探し出したり、血液中に含まれる酵素、脂質や腫瘍(しゅよう)蛋白のホルモン感染症の検体等の成分を分析して健康の状態や病気を調べる検査があります。

規模が大きく検査技師の多い病院や診療所では、より細かく専門分化が行われていますが、規模が小さいところでは、1人の検査技師がいくつかの部門の検査をかけ持ちで行っている施設も少なくありません。

臨床検査技師を目指す学校を探す

臨床検査技師になるには

臨床検査技師の免許を取得するためには、厚生労働大臣が行う臨床検査技師国家試験に合格しなければなりません。国家試験の受験資格は、厚生労働大臣または文部科学大臣の指定する臨床検査技師養成所または学校で、3年間以上の課程を修了するか、4年制大学の保健衛生学科を卒業するか、医学士、歯学士、獣医学士、薬学士であるか、外国の上記相当校を卒業、または臨床検査技師相当の資格を得ていなければなりません。

免許取得後、新規採用の場合は、学校のあっ旋で就職することが多く、転職の際は日本臨床衛生検査技師会が行っている無料職業紹介所や学校の紹介、学会誌などの求人による場合が多いようです。

基礎医学の知識をはじめ、機器の扱い方、統計的知識も重要となります。患者の生命に関わる仕事であり、正確さを要求される作業に携わることから、検査を行う際の慎重さ、冷静な判断力、責任感と忍耐力が必要です。

高校生の方:
臨床検査技師を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
臨床検査技師に必要な資格・講座を探す


資格について

※臨床検査技師に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

医療をサポートする資格


関連記事

救急救命士

救急救命士 (キュウキュウキュウメイシ)

救急現場や救急車の中で重態患者の命を救う 救急救命士の主な仕事内容 交通事故や心臓病

記事を読む

あんまマッサージ指圧師

あんまマッサージ指圧師 (アンママッサージシアツシ)

実力により独立開業、高収入も可能 あんまマッサージ指圧師の主な仕事内容 痛み・コリなどの

記事を読む

言語聴覚士

言語聴覚士 (ゲンゴチョウカクシ)

福祉現場でのサービス向上に今後注目される 言語聴覚士の主な仕事内容 言語聴覚障害者に

記事を読む

フレグランスコーディネーター

フレグランスコーディネーター

香水の処方・設計・調香を行う フレグランスコーディネーターの主な仕事内容 化粧品販売店の

記事を読む

ケースワーカー

ケースワーカー (ケースワーカー)

地域で福祉サービスを必要とするに相談・助言を行う ケースワーカーの主な仕事内容 ケースワ

記事を読む

歯科衛生士

歯科衛生士 (シカエイセイシ)

歯の病気を予防する 歯科衛生士の主な仕事内容 わが国では歯の病気がきわめて多く、歯科

記事を読む

カウンセラー

カウンセラー

悩みを抱えた人の精神的自立を助ける カウンセラーの主な仕事内容 ストレス社会の現代で

記事を読む

歯科技工士

歯科技工士 (シカギコウシ)

技術資格者として需要が多い 歯科技工士の主な仕事内容 歯科医師の指示にしたがって、人

記事を読む

介護福祉士

介護福祉士 (カイゴフクシシ)

介護保険制度のスタートに伴い受験者が急増 介護福祉士の主な仕事内容 日常生活を営むう

記事を読む

動物看護師

動物看護師 (ドウブツカンゴシ)

動物の健康診断や治療の補助をする 動物看護師の主な仕事内容 獣医師の管理のもとで、臨床検

記事を読む



PAGE TOP ↑