職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

宅地建物取引士(タクチタテモノトリヒキシ)

不動産取引の専門家

宅地建物取引士の主な仕事内容

宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者「宅地建物取引士(宅建士)」は、不動産売買や賃貸の仲介などの取引を公正に成立させるため、重要事項説明(取引前に買主や借主に行う物件説明)や重要事項説明書および契約書等への記名押印を行うのが主な仕事です。消費者が安心して行えるよう、宅地建物取引の専門家として的確なアドバイスや提案も行います。
土地やマンションの売買取引や仲介業務を専門とする宅地建物取引業を営むためには、事務所ごとに従業員の5人に1人以上の割合で専任の宅建士を置くよう法律で義務付けられています。そのため、宅地建物取引業者にとって宅建士の有資格者はなくてはならない存在です。資格を有することで年収アップや昇進・昇格なども期待できます。また、建築や金融業界などで幅広く活躍が出来、就職や転職の際にも有利になるでしょう。

宅地建物取引士を目指す学校を探す

宅地建物取引士になるには

まずは、宅建士を目指せる専門学校や大学・短大などに進学し、不動産業界や金融機関などへの就職を目指しましょう。
宅建士の資格試験は受験資格の制限がないので、在学中に宅地建物取引士に合格出来ると就職にも有利ですが、働きながら専門学校やスクールなどで学び、資格取得を目指す人もたくさんいます。
資格登録をするには、宅地建物の取引に関する実務経験が2年以上(資格登録申請時から10年以内)、または、登録実務講習を修了が要件になります。
※信託会社や信託銀行で宅地建物の取引に関する業務に従事した場合や地方住宅供給公社などで宅地建物の取得、交換、処分に関する業務に従事した場合なども実務経験として認められています。

高校生の方:
宅地建物取引士を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
宅地建物取引士に必要な資格から学校を探す

資格について

※宅地建物取引士に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

不動産に関する資格


関連記事

国税専門官

国税専門官 (コクゼイセンモンカン)

納税を厳しくチェックする取り締まり役 国税専門官の主な仕事内容 国税を専門に扱う国税

記事を読む

インテリアデザイナー

インテリアデザイナー

さまざまな屋内空間を総合的にデザインする インテリアデザイナーの主な仕事内容 インテ

記事を読む

建築構造設計技術者

建築構造設計技術者 (ケンチクコウゾウセッケイギジュツシャ)

建築物の構造的安全性を 建築構造設計技術者の主な仕事内容 建築物の設計は使いやすさや

記事を読む

鉄筋工

鉄筋工 (テッキンコウ)

現場での実務経験だけで技能士検定の受験資格が得られる 鉄筋工の主な仕事内容 鉄筋工の

記事を読む

建築ブロック工

建築ブロック工 (ケンチクブロックコウ)

若くして独立開業のチャンスに恵まれることも 建築ブロック工の主な仕事内容 建築ブロッ

記事を読む

電気工事士

電気工事士 (デンキコウジシ)

電気配線工事を一手に引き受ける 電気工事士の主な仕事内容 電気工事士の仕事は、電力会

記事を読む

ビル清掃員

ビル清掃員 (ビルセイソウイン)

ビルが生きている限り必要不可欠のメンテナンス業務 ビル清掃員の主な仕事内容 ビル清掃

記事を読む

グリーンコーディネーター

グリーンコーディネーター

観葉植物を使って室内空間を演出 グリーンコーディネーターの主な仕事内容 観葉植物を使

記事を読む

建築大工

建築大工 (ケンチクダイク)

多くの大工の親方は2級建築士や木造建築士の資格保持者 建築大工の主な仕事内容 建築大

記事を読む

防水工

防水工 (ボウスイコウ)

建築物の水の浸入を防ぐ重要な仕事 防水工の主な仕事内容 防水工は、建物の仕上げ職種の一つ

記事を読む



PAGE TOP ↑