職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

画家 (ガカ)

才能を信じて意欲的な創作活動を

画家の主な仕事内容

画家は、時代の感覚や自己の感じるところを、自分の感性とライフスタイルで絵の形に表現する。

風景・人物・静物等から抽象的なものまでを題材とし、墨・水彩・油絵具などの画材で紙・絹布・キャンパス(画布)などに絵を描く。
画材によって日本画家と洋画家に分けられる。
日本画家は、一般的に、鉱物や動植物を原料とした顔料と膠(にかわ)を用いて和紙や絹布に描く。
洋画家の場合は、一般的に油絵具でキャンバスに描く。

いずれの手法でも、風景やモデルなどの対象をよく観察して特徴をとらえ、想像力を駆使して画面に表現する。
色調、明暗、遠近感、質感、動感等に注意を払い、感性を生かして時代背景や感じるものを形にして表現する。

こうして、その作品を描いた画家の内面や思想などの様々なものを鑑賞者に伝える。
美的に優れた作品は、鑑賞者に感動や安らぎを与え、人の心を豊かにする。

また、ホールや店内や室内に飾る絵など依頼を受けて、装飾目的や好み、予算に合わせて制作を行うこともある。


画家を目指す学校を探す

画家になるには

特に必須となる資格はありません。仕事の方法や内容は、人によってさまざまです。画家として収入を得ていくためには、独自の新しい作品を創作し、公募展に出品したり、個展を開催するなど、作品を発表し続けることが大切です。ここでの高い評価が、画家として社会的に認められることになり、それが収入へとつながっていきます。

高校生の方:
画家を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
画家に必要な資格・講座を探す


資格について

※画家に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

アート・写真に関する仕事


関連記事

学芸員

学芸員 (ガクゲイイン)

博物館などで働きながら研究もできる 学芸員の主な仕事内容  学芸員は博物館や美術館な

記事を読む

ホームエレクトロニクス技術者

ホームエレクトロニクス技術者 (ホームエレクトロニクスギジュツシャ)

家庭用電化製品の技術開発をする仕事 ホームエレクトロニクス技術者の主な仕事内容 家庭

記事を読む

ウェブディレクター

WEBディレクター (ウェブディレクター)

ホームページ制作スタッフをとりまとめる WEBディレクターの主な仕事内容 どんなホー

記事を読む

通信販売受付スタッフ

通信販売受付スタッフ (ツウシンハンバイウケツケスタッフ)

仕事の性質上女性比率が高いのが特徴 通信販売受付スタッフの主な仕事内容 通信販売は、

記事を読む

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニア

情報関連企業などで業務用プログラム等を開発 アプリケーションエンジニアの主な仕事内容

記事を読む

カウンセリング

セラピスト

心理面でのカウンセリングを行う専門家 セラピストの主な仕事内容 不登校や通勤拒否、職

記事を読む

演出家

演出家 (エンシュツカ)

脚本や舞台効果などすべてを把握した上で構成を演出 演出家の主な仕事内容 素晴らしい脚

記事を読む

乳製品製造工

乳製品製造工 (ニュウセイヒンセイゾウコウ)

牛乳・乳製品は生活に欠かせない食品 乳製品製造工の主な仕事内容 乳製品製造工の仕事は

記事を読む

レポーター

レポーター

現場で自分の見たものをどう伝えるか レポーターの主な仕事内容 レポーターの活躍する分

記事を読む

精神保健福祉士

精神保健福祉士 (セイシンホケンフクシシ)

精神科の入院患者の社会復帰をサポート 精神保健福祉士の主な仕事内容 精神病院や社会復帰施

記事を読む



PAGE TOP ↑