職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

ブックデザイナー

作品にあわせて本の表紙をデザインする

ブックデザイナーの主な仕事内容

 ブックデザイナーとは、本の作者の製作意図に沿いながら、自身の視覚的表現及び感覚などの技術を動員して、本の表紙やカバーの装丁を行う仕事です。
 思わず手にとりたくなるようなデザインをすることで、本の売れ行きに影響を与えることもままあります。その製作意図によって様々に変化します。カバーなど本を保護するパッケージとしての要素と同時に、書店の中で本を引き立たせるための視覚的表現能力の両方が必要になる。
 まず、作者や編集者と打ち合わせを行い、本の内容や編集者の意向、購入のターゲットとなる読者層などを把握します。さらに、先行している本文の原稿を読み、制作する本の理解を深めます。絵画やイラスト、写真などの素材を集め、内容のイメージを壊さずに、よりイメージをふくらませたり深めたりする作品を提案します。
 デザイン案を複数制作し、出版社などの編集者と検討を行います。ブックデザイナーの素案がそのまま通ることもあるが、最終デザイン決定までは、幾多の時間を要することが多いです。
 デザインは、パソコンを使用して作成することが近年、多くなってきており、その場合には印刷所に入稿できるデザインのデータを作成する。
 ブックデザイナーの役割は、本のカバーや表紙の装丁だけではなく、本の内容についてどのような用紙にどのような活字を用いて印刷を行うのか、本全体の設計に責任を持つ立場にあります。
 本文の文字の大きさや字体、目次、扉などを手がけることも重要な仕事である。


ブックデザイナーを目指す学校を探す

ブックデザイナーになるには

 美術系大学やデザイン学科のある専門学校で技術などを学び、デザイン事務所や出版社に就職するのが一般的です。
 装丁によって、本の売上が左右されると言っても過言ではなく、出版社で編集者をしていたりデザイン会社で編集デザインを経て、ブックデザイナーになるケースが多いようです。
 本の制作に携わる職業のため、タイポグラフィー(フォント)と呼ばれる文字と紙(素材)についての知識を欠かすことができない。
 アシスタントとして知識を身につけ、次第にブックデザイン全般を任されるようになる。
 また、現在はコンピュータを使用したデザインが主流のため、この技術も習得する必要がある。

高校生の方:
ブックデザイナーを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
ブックデザイナーに必要な資格・講座を探す


資格について

※ブックデザイナーに関係のある資格を一覧でみられます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

グラフィック・雑誌デザインの仕事


関連記事

映像ディレクター

映像ディレクター (エイゾウディレクター)

映画の構成を考え現場の制作スタッフを取りしきる 映像ディレクターの主な仕事内容 映像関連

記事を読む

建築施工管理技士

建築施工管理技士 (ケンチクセコウカンリギシ)

建築工事の施工計画を作成 建築施工管理技士の主な仕事内容  建築施工管理技士の仕事は、鉄

記事を読む

公認会計士

公認会計士

会計、監査の専門家 高収入で社会的地位も高い 公認会計士の主な仕事内容 公認会計士は

記事を読む

テレフォンオペレーター

テレフォンオペレーター

会社・企業の窓口として電話の応対を行う テレフォンオペレーターの主な仕事内容 テレフ

記事を読む

行政書士

行政書士 (ギョウセイショシ)

市民の身近な行政分野のスペシャリスト 行政書士の主な仕事内容 行政書士は「役所と市民

記事を読む

ゲームプランナー

ゲームプランナー

新しいゲームの企画や仕掛けを考え出す ゲームプランナーの主な仕事内容 「次にヒットす

記事を読む

広告プランナー

広告プランナー (コウコクプランナー)

効果的な広告をプロデュース 広告プランナーの主な仕事内容 商品や企業イメージなどをそ

記事を読む

テーブルコーディネーター

テーブルコーディネーター

センスとアイデアをもって食空間のコーディネートをする人のこと テーブルコーディネーターの主

記事を読む

コメディアン

コメディアン

新しいセンスでギャグや流行語を生み出す コメディアンの主な仕事内容 コメディアンの仕

記事を読む

美術スタッフ

美術スタッフ (ビジュツスタッフ)

映画で使用するセットや大道具・小道具のデザイン・制作をする 美術スタッフの主な仕事内容

記事を読む



PAGE TOP ↑