職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

スポーツ用品販売員 (スポーツヨウヒンハンバイイン)

ゴルフ、スキー、テニス、釣りなどに大型の専門店が多い

スポーツ用品販売員の主な仕事内容

 スポーツ用品販売員とは、スポーツ店において、競技や、レジャーとしてスポーツを楽しむ人たちのために、様々なスポーツ用品を販売する。
 最近のスポーツ店は、スポーツ全般を扱う総合店や、ゴルフショップ、テニスショップといったようなひとつの種目のみを扱う専門店、また売り場面積300坪以上の大型店など、店の形態もさまざまになってきました。
 しかし、形態は違っても共通するのは、さまざまなスポーツ用品を豊富な知識でアドバイスしながら、アフターサービスも含め販売していく、ということです。他の小売りにはない大きな特徴としては、ユニフォームや用具など、チーム単位の販売があるということです。
 仕事のポイントを大きく分けると、品揃え、接客・サービス、店舗演出、販促企画という四つの柱からなり、地域の学校や部活単位にまとまった単位で商売をする「外商」も大切な仕事です。



スポーツ用品販売員を目指す学校を探す

スポーツ用品販売員になるには

 入職にあたって、特別な資格や免許は必要はありません。
 スポーツ全般についての知識は幅広く持つことが重要です。持っていると役に立つと思われる資格は、「販売士(1~3級)」などです。
 採用は、大型店では学校を通じた定期採用、中小小売店では求人広告や縁故などによる採用が多いです。
 大型店の場合は、採用後に適性や希望に応じて販売、事務、倉庫、配送センターなどの各部門に配属されます。
 スポーツ自体に興味があること、お客が納得する説明能力やテキパキした応対ができること、お客のプレーの向上を考えるサービス精神などが求められます。
 目まぐるしく変わる流行、消費者動向を素早くキャッチする能力や、スポーツ全般についての知識を広く深く持つことが重要になります。
 未経験のスポーツの販売を担当することになった場合、そのスポーツを自ら経験して理解する努力も大切です。


高校生の方:

スポーツ用品販売員を目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

スポーツ用品販売員に必要な資格・講座を探す


資格について

※スポーツ用品販売員に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

企業・経営に関する資格


関連記事

商品開発部員

商品開発部員 (ショウヒンカイハツブイン)

企業の業績のカギを握る最重要部門 商品開発部員の主な仕事内容 商品開発は、以前は企業

記事を読む

イベントプロデューサー

イベントプロデューサー

イベントの全体的指揮をとる イベントプロデューサーの主な仕事内容 イベントの企画立案

記事を読む

検察官

検察官 (ケンサツカン)

社会秩序を維持するため、事件解決にあたる 検察官の主な仕事内容 強盗、殺人、汚職など

記事を読む

照明デザイナー

照明デザイナー (ショウメイデザイナー)

光そのものをデザインする仕事 照明デザイナーの主な仕事内容 照明器具をデザインするのでは

記事を読む

人事

人事 (ジンジ)

企業の採用や人材育成などのマネージメント役 人事の主な仕事内容 人事の仕事は大きくわけて人事

記事を読む

レコーディングエンジニア

レコーディングエンジニア

CD制作の音の演出家 レコーディングエンジニアの主な仕事内容 CDなどの音楽レコーデ

記事を読む

サウンドプログラマー

サウンドプログラマー

デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む サウンドプログラマーの主な仕事内容

記事を読む

家具工

家具工 (カグコウ)

物を創造する喜びが味わえる仕事 家具工の主な仕事内容 家具は和家具と洋家具に大別され

記事を読む

スタイリスト

スタイリスト

タレントやモデルのファッションをコーディネート スタイリストの主な仕事内容 スタイリ

記事を読む

アナウンサー

アナウンサー

放送番組の顔、人気の花形職種 アナウンサーの主な仕事内容 アナウンサーとは、24時間

記事を読む



PAGE TOP ↑