職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

ガラス工芸家 (ガラスコウゲイカ)

ガラスを使ってものを創り出す

ガラス工芸家の主な仕事内容

ガラス工芸家とは、ガラスを使って、花瓶やコップ、皿などから、小物まで、さまざまなものを創り出す工芸家です。高温のガラスを成形するホットワーク工芸家と、成形され固体化したガラスに装飾を加えるコールドワーク工芸家に分類されます。繊細さや感性はもちろんのこと、体力も欠かせません。自ら作家のもとに弟子入りして学ぶか、ガラス会社に就職し、技術を習得後、創作活動に入るパターンが多いようです。

ホットワーク工芸家は、高温で柔らかい状態のガラスに息を吹き込み、宙吹きや型吹き鋳造、異種素材を焼成するパート・ド・ヴェールなどの成形技法を用いて、材料のガラスを思い描く形に変えていく。

コールドワーク工芸家は、ホットワークの職人が成形したガラスに、カット、彫刻、サンドブラスト、エナメリングなどの加飾技法をほどこして作品を制作する。

ショップが併設された工房などで作品を制作し、作品を販売しながら制作を続ける作家が多い。
また、観光地などの工房では、ガラス工芸を体験する観光客に作り方を指導し、一緒に作品を制作することもある。

また、江戸切子など、伝統産業として作品を制作し、大皿などかなりの値がつく大作を仕上げる場合もある。


ガラス工芸家を目指す学校を探す

ガラス工芸家になるには

ガラス工芸家になるにあたって、特に必要とされる資格はありません。ガラス工芸品メーカーに就職して技術を学びメーカーの作家として活躍する人、メーカーで勤めた後に独立して工房を持ち作家活動を行う人、工房に弟子入りして独立を目指し学ぶ人、等が主流でしたが、昨今はガラス工芸の諸技法を学べる学校も増えたため、学校で技術を習得し、卒業後すぐに作家として活躍する方もいるようです。技法の習得には5年、10年といった長期にわたる研修が必要とされ、その間に自分の独創性やセンスを磨く必要があります。年齢的な制約がなく、技術を身につければ長く続けられる仕事であり、独立して自分の工房をもつことも可能です。

高校生の方:
ガラス工芸家を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
ガラス工芸家に必要な資格・講座を探す


資格について

※ガラス工芸家に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

アート・写真に関する資格


関連記事

ソーイングスタッフ

ソーイングスタッフ

縫製のスペシャリスト ソーイングスタッフの主な仕事内容 洋服や小物など、布地の縫製を専門

記事を読む

ソムリエ

ソムリエ

ワイン選びのスペシャリスト ソムリエの主な仕事内容 ソムリエは、ワインを中心とする飲

記事を読む

牧師

牧師 (ボクシ)

悩める者の道しるべ 牧師の主な仕事内容 プロテスタント教会の聖職者。教会の礼拝・礼典を執

記事を読む

点字通訳者

点字通訳者 (テンジツウヤクシャ)

書物や文献の文字を点字に直す 点字通訳者の主な仕事内容 視力障害のために本の文字が読

記事を読む

美術スタッフ

美術スタッフ (ビジュツスタッフ)

映画で使用するセットや大道具・小道具のデザイン・制作をする 美術スタッフの主な仕事内容

記事を読む

音響スタッフ

音響スタッフ (オンキョウスタッフ)

効果音を制作したり、音声・音響を調節する 音響スタッフの主な仕事内容 舞台や映画、テ

記事を読む

経営コンサルタント

経営コンサルタント (ケイエイコンサルタント)

経営の専門アドバイザー 経営コンサルタントの主な仕事内容 企業の経営に関するトータル

記事を読む

照明スタッフ

照明スタッフ (ショウメイスタッフ)

効果的にまたは自然に収録できるよう照明を駆使する 照明スタッフの主な仕事内容 舞台や

記事を読む

通訳者

通訳者 (ツウヤクシャ)

会話ができるということだけでは仕事にはならない 通訳者の主な仕事内容 通訳者の活躍する場

記事を読む

広告会社営業部員

広告会社営業部員 (コウコクガイシャエイギョウブイン)

マルチメディア時代に適合したニュータイプの営業部員への期待が高まる 広告会社営業部員の主な

記事を読む



PAGE TOP ↑