職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

トリマー

ペット専門の美容師

トリマーの主な仕事内容

トリマーは、飼い犬の毛を洗ったり整えるなどの手入れ全般を行う。

室内で犬を飼うには、いかに清潔に飼育するかが問題となるが、飼い主にとって大型犬や長毛犬の毛を洗ったり、カットするのは難しい場合もあり、犬の美容師としてトリマーが必要とされるようになってきた。
毛をカットする意味のトリミングから、日本では「トリマー」の名称で呼ばれている。

人間の美容室などと同じように、予約を受け、来店した飼い主から希望を聞いて、仕事を進める。
健康状態をチェックし、毛をとかし、シャンプー・リンス・ドライヤーや耳そうじや爪きりなどグルーミング(手入れ全般)を中心に、長毛犬種はトリミング(毛のカット)も行う。

道具はシザー、クリッパー、プラッキングナイフ(毛を抜く道具)などがあり、犬の種類によって使い分ける。
プードルのカットは300種類もあり、トリマーのセンスと知識が求められる。

美容面だけでなく、犬の食事の世話や首輪などの販売、病犬の看護なども行う。
健康管理は重要な仕事の一つで、ペットホテルをもっているところでは、食事やトイレ、健康状態に気を配らなければならない。
時には、ショーに出場する犬のコンディションを整え、マナーを訓練するハンドラーの仕事の依頼もある。



トリマーを目指す学校を探す

トリマーになるには

様々な団体や学校が独自の民間資格を設けていますが、必須資格ではありません。トリマーの募集は専門学校などの養成機関を通じて行われることが多く、また研修先にそのまま就職することも多いため、専門学校や養成スクールで学び資格取得を目指すことが近道です。ペットの健康状態を伝えたり、様々な相談にのれる知識とコミュニケーション能力が求められます。また、立ち仕事のため、体力も必要となります。


高校生の方:

トリマーを目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

トリマーに必要な資格・講座を探す


資格について

※トリマーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

動物を相手にする資格


関連記事

ビオトープ管理士

ビオトープ管理士 (ビオトープカンリシ)

野生動植物の保護・保全に貢献する ビオトープ管理士の主な仕事内容 ビオトープとは野生動植

記事を読む

陶芸家

陶芸家 (トウゲイカ)

技術革新が進んでも活躍の場がある有望な職種 陶芸家の主な仕事内容 陶磁器は通称「焼き

記事を読む

camera組み立て工

カメラ組立工 (カメラクミタテコウ)

世界的評価を得る日本のカメラの生産を支える カメラ組立工の主な仕事内容  日本製のカ

記事を読む

獣医師

獣医師 (ジュウイシ)

ペットの増加で将来も有望 獣医師の主な仕事内容 獣医師は、牛、馬、豚、犬、猫、鳥など

記事を読む

演出家

演出家 (エンシュツカ)

脚本や舞台効果などすべてを把握した上で構成を演出 演出家の主な仕事内容 素晴らしい脚

記事を読む

中学教師

中学校教員 (チュウガッコウキョウイン)

専門教科を教えるとともに心のケアも 中学校教員の主な仕事内容 中学校教員は、小学校と

記事を読む

スポーツ審査員

スポーツ審判員(スポーツシンパンイン)

スポーツにおける判定員 スポーツ審判員の主な仕事内容 プロ野球やサッカー、バレーボー

記事を読む

めっき工

めっき工 (メッキコウ)

職務内容や作業環境の改善が進む めっき工の主な仕事内容 金属、プラスチック、セラミッ

記事を読む

レコーディングエンジニア

レコーディングエンジニア (レコーディングエンジニア)

CD制作の音の演出家 レコーディングエンジニアの主な仕事内容 CDなどの音楽レコーデ

記事を読む

DTPオペレーター

DTPオペレーター (ディーティーピーオペレーター)

印刷の前段階でデザインを担当 DTPオペレーターの主な仕事内容 DTPとは、「Desk

記事を読む



PAGE TOP ↑