職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

スポーツインストラクター

各種スポーツの技術指導を行う

スポーツインストラクターの主な仕事内容

 スポーツインストラクターとは、スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う人です。
 スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行います。専門とするスポーツについての高い実技レベルと深い知識が求められます。
 スポーツインストラクターが活躍するスポーツ施設には、スポーツ種目を取り入れたスポーツクラブタイプと健康増進のための運動種目を取り入れたフィットネスクラブタイプがあり、そのほとんどが会員制をとっている(両タイプを取り入れた総合型施設も存在する)。
 以前は、先生というイメージが強かった職種だが、現在においては、サービス業としての色彩を強めている。



スポーツインストラクターを目指す学校を探す

スポーツインストラクターになるには

 特に必須となるしかくはありませんが、関連資格として公認スポーツ指導者などがあります。
 また、入社後、経営方針に応じた資格を取得するケースが多く、その対象としては「健康運動指導士」「健康運動実践指導者」「トレーニング指導士」「スポーツ指導員」「地域スポーツ指導者」などがある。
 競技別、目的別に資格がありますので、将来を見据えて取得すると良いでしょう。体育系の大学や専門学校で基礎を学んだ後、フィットネスクラブやスクールなどに就職します。スポーツが好きな事はもちろん、スポーツの楽しさを伝えるためにも、明るく親しみやすい人が向いています。
 スポーツインストラクターは、専門的技術・知識を持っていると同時に、インストラクション技能やホスピリタリティ、そして最近においてはマネジメント能力の必要性が重要といわれている。
また、安全面も考慮しなければならず、救急法やスポーツ医学に関する知識も必要で、一般的には入社後の社内研修において、専門機関に依頼し、CPR(心肺蘇生法)等のライセンスを取得させる場合がある。


高校生の方:

スポーツインストラクターを目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

スポーツインストラクターに必要な資格・講座を探す


資格について

※スポーツインストラクターに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

健康・スポーツに関する資格

自然に関する資格


関連記事

保健師

保健師 (ホケンシ)

地域住民の健康増進を図る 保健師の主な仕事内容 保健師の仕事は、地域住民の健康を守るため

記事を読む

テレフォンオペレーター

テレフォンオペレーター

会社・企業の窓口として電話の応対を行う テレフォンオペレーターの主な仕事内容 テレフ

記事を読む

脚本家

脚本家 (キャクホンカ)

映画の構成を考え出演者のセリフ(台本)を書く 脚本家の主な仕事内容 映画やTVドラマ

記事を読む

スポーツ用品販売員

スポーツ用品販売員 (スポーツヨウヒンハンバイイン)

ゴルフ、スキー、テニス、釣りなどに大型の専門店が多い スポーツ用品販売員の主な仕事内容

記事を読む

レポーター

レポーター

現場で自分の見たものをどう伝えるか レポーターの主な仕事内容 レポーターの活躍する分

記事を読む

清掃作業員

清掃作業員 (セイソウサギョウイン)

公務員として採用される清掃作業員は例年競争率が高い 清掃作業員の主な仕事内容 調理や

記事を読む

アニメーター

アニメーター (アニメーター)

アニメ映画やアニメのシーンなどで作画を担当する アニメーターの主な仕事内容 アニメー

記事を読む

Music producer

音楽プロデューサー (オンガクプロデューサー)

音楽をトータルにサポートする 音楽プロデューサーの主な仕事内容 歌手、タレントの発掘

記事を読む

ルポライター

ルポライター (ルポライター)

「ありのままの事実」を取材して文章にする ルポライターの主な仕事内容 出版社や新聞社から

記事を読む

ファッションデザイナー

ファッションデザイナー

服だけではなくトータルデザインも ファッションデザイナーの主な仕事内容 ファッション

記事を読む



PAGE TOP ↑