職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

放送記者 (ホウソウキシャ)

TVのニュースなどで活躍する姿はおなじみ

放送記者の主な仕事内容

放送記者の仕事は原則として、NHKと民間放送(民放)の各放送局の職員が社員です。そして、全国でNHK54、民放186の放送局に配置されていますが、放送局のほとんどは、県庁所在地クラスの大都市に置かれています。放送記者は、取材記者ともいわれ、政治、経済、社会などいをいろな分野で、人々が関心を持つ新しい情報(ニュース)を、視聴者を代表して取材するのが仕事です。取材範囲は主に国内ですが、海外で取材する場合もあり、中には海外特派員として常駐することもあります。放送記者は通常、報道局に属し、外勤記者、内勤記者に分けられます。外勤記者は、国会、県庁、警察などの主な公共機関の記者クラブなどに常駐して取材に当たります。編集記者あるいはニュースディレクターは内勤記者ですが、本社には、内勤と外勤の中間の遊軍記者もいて、事件に応じて外に出て、独特の取材や応援取材をします。情報化時代の声とともに、テレビ・ラジオでは情報番組が脚光を浴びてきており、放送記者の重要性はますますたかくなることでしょう。放送記者の仕事は、映像化時代の先端を行くので若者に人気があり、このために競争率は高くなる一方で、放送記者になる道は極めてけわしいといえるでしょう。


放送記者を目指す学校を探す

放送記者になるには

放送記者は身分上、放送局の職員が社員なので、まず放送局の就職試験を受けなければなりません。学歴は大卒が一般的です。入社試験は、NHKで新卒者27歳までなど、年齢制限をする局もありますが、学部を指定することはなく、また新聞や放送などマスコミ関係の学科を優遇することもありません。高い識見と幅広い教養が求められているだけで、専攻についてはまったく自由なのが特徴です。いずれにしても、極めて狭きもんで、東京の局で一般公募をすれば100倍ぐらいの競争率になり推せんや縁故募集でもかなりの競争率になるのが普通です。

高校生の方:
放送記者を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
放送記者に必要な資格・講座を探す


関連のある仕事や資格について

※放送記者に関係のある仕事や資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。


番組制作の仕事や資格


関連記事

プログラマー

プログラマー

就業分野は情報処理産業全般 プログラマーの主な仕事内容  プログラマーは、コンピュー

記事を読む

写真・映像処理オペレーター

写真・映像処理オペレーター (シャシンエイゾウショリオペレーター)

ラボマンなどとも呼ばれる現像所、カラーラボのオペレーター 写真・映像処理オペレーターの主な仕事

記事を読む

商社マン

商社マン (ショウシャマン)

海外や国内でさまざまな商品の取引を行う 商社マンの主な仕事内容 資源の乏しいわが国では、

記事を読む

照明デザイナー

照明デザイナー (ショウメイデザイナー)

光そのものをデザインする仕事 照明デザイナーの主な仕事内容 照明器具をデザインするのでは

記事を読む

診療情報管理士

診療情報管理士 (シンリョウジョウホウカンリシ)

カルテや診療情報を管理し、研究や広報にも活用 診療情報管理士の主な仕事内容 カルテをはじ

記事を読む

スーツアクター

スーツアクター (スーツアクター)

着ぐるみを着たパフォーマー スーツアクターの主な仕事内容  マスコットキャラクター、イメ

記事を読む

スポーツ用品販売員

スポーツ用品販売員 (スポーツヨウヒンハンバイイン)

ゴルフ、スキー、テニス、釣りなどに大型の専門店が多い スポーツ用品販売員の主な仕事内容

記事を読む

スポーツカメラマン

スポーツカメラマン (スポーツカメラマン)

スポーツの試合や選手の撮影をする スポーツカメラマンの主な仕事内容 新聞や雑誌に掲載した

記事を読む

広告会社営業部員

広告会社営業部員 (コウコクガイシャエイギョウブイン)

マルチメディア時代に適合したニュータイプの営業部員への期待が高まる 広告会社営業部員の主な

記事を読む

ケースワーカー

ケースワーカー (ケースワーカー)

地域で福祉サービスを必要とするに相談・助言を行う ケースワーカーの主な仕事内容 ケースワ

記事を読む



PAGE TOP ↑