職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

眼鏡販売店員 (メガネハンバイテンイン)

眼鏡は日本人のトレードマーク

眼鏡販売店員の主な仕事内容

 眼鏡販売店員とは、眼鏡店に来店したお客の視力を検査し、お客に合った商品の選定・加工を行う人です。
 現在の日本では、眼鏡やコンタクトレンズを必要とする人の数は、欧米諸国に比較すると驚異的なスピードで増加しており、全国で約5100万人という膨大な数に上ります。こういった人たちにとって、なくてはならない存在が、視力の検査に基づき商品の選定・加工を行う眼鏡店です。
 眼鏡販売員の仕事は、大別すると専門的な技術を必要とする部分と、販売の仕事に共通する接客などの部分の二つに分けることができます。
 独自の技術を必要とする仕事としては、「検査技術者」「加工技術者」「フィッティング技術者」さらに生理学的な知識も必要とする「コンタクトレンズインストラクター」といった仕事があり、眼鏡店店員は、販売に当たってこうした専門的な技術を必要とすることから眼鏡技術者(オプティシャン)と呼ばれることもあります。



眼鏡販売店員を目指す学校を探す

眼鏡販売店員になるには

 眼鏡販売店員になるもっとも一般的な方法は、高校を卒業した後、民間の眼鏡専門学校に入ることです。
 2年程度にわたる学科・技術に関するカリキュラムを終了し、全日本眼鏡連盟の認定した認定店で1年程度の修行を終えると、申請すれば「認定技術者」という民間資格を得ることができます。この資格はあくまでも民間資格ですので、こうした専門学校を経ないでも、直接眼鏡店等に就職することも可能です。
 しかし、視力検査に基づく眼鏡の作成を行うためには、医学的な知識も必要なので、専門学校を経ないで一人前になるためには、10年近い実務経験が必要だともいわれています。
 この職業に向いている人は、まず、手先が器用で、機械、科学、数学といった分野に興味を持ち、なおかつ集中力のある人が好ましいでしょう。コンタクトレンズの利用者の増加に伴い、コンタクトレンズの装着指導技術が要求されるようになっています。
 また、お客と直接接する仕事ですから、サービス業的な仕事に対する資質も重要です。

高校生の方:

眼鏡販売店員を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:

眼鏡販売店員に必要な資格・講座を探す


関連記事

無線通信士

無線通信士 (ムセンツウシンシ)

無線通信の特殊技術を修得した専門家 無線通信士の主な仕事内容 陸上はもちろんのこと、

記事を読む

ビデオ組立工

ビデオ組立工 (ビデオクミタテコウ)

日本におけるビデオ普及率はひとり一台の時代も間近 ビデオ組立工の主な仕事内容 ビデオ

記事を読む

トレーサー

トレーサー (トレーサー)

製図の原画を完全な図面に仕上げる トレーサーの主な仕事内容 設計技師やデザイナーが描いた図面

記事を読む

家電修理工

家電修理工 (カデンシュウリコウ)

家電製品のメーカーとユーザーを結ぶ大切な役割 家電修理工の主な仕事内容  販売店やメーカ

記事を読む

医療情報管理者

医療情報管理者(イリョウジョウホウカンリシャ)

日々の医療現場を守る仕事 医療情報管理者の主な仕事内容 カルテをはじめとして必要なと

記事を読む

ベルボーイ/ベルガール

ベルパーソン

ホテルの顔 ベルパーソンの主な仕事内容 ロビーに待機して宿泊客をフロントまで案内し、

記事を読む

カラーリスト

カラーリスト

個人からオフィスまで色を演出するスペシャリスト カラーリストの主な仕事内容 カラーリ

記事を読む

WEBプロデューサー

WEBプロデューサー (ウェブプロデューサー)

データ分析から予算や進行まで全体を管理する WEBプロデューサーの主な仕事内容 ホー

記事を読む

水産ねり製品製造工

水産ねり製品製造工 (スイサンネリセイヒンセイゾウコウ)

沿岸部を中心に分布、新潟には大規模工場が集中 水産ねり製品製造工の主な仕事内容 たん

記事を読む

新聞記者

新聞記者 (シンブンキシャ)

多領域にわたっての幅広い知識が必要 新聞記者の主な仕事内容 新聞記者は、公正な立場で

記事を読む



PAGE TOP ↑