職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

クリーニング師 (クリーニングシ)

売り手市場で資格取得も比較的容易

クリーニング師の主な仕事内容

 クリーニング師とは、クリーニング店や工場において、持ち込まれた衣服や皮革製品などを原型のまま洗濯し、きれいな状態にする人のことです。
 クリーニング師とは、都道府県知事がクリーニング師試験合格者に与える免許を所有している人のことをいいます。クリーニングの取次所を除き、クリーニング所には、1人以上のクリーニング師を置かなければならないと規定されています。
 お客から洗濯物を受け取ると、相互確認の上、素材を確認し分類する。
さらに、汚れのひどいものと少ないものを見きわめ、ドライクリーニング機あるいは水洗機にかけ、洗い上がるとプレス機、アイロンなどで仕上げて美しくたたみ、包装する。
 デザインや素材、汚れのつき具合も確認し、適切な洗濯方法を判断する。
 たくさんの人が着用している衣類を同時に洗うため、衛生には厳重に注意を払う必要がある。
 クリーニング店では、洗濯の他に、和服、毛皮、じゅうたんなどの保管業務や、はっ水・防水加工、防虫加工、ひだの折り目加工などの各種加工や補修といろいろな仕事があり、クリーニング師の役割はますます大きくなっています。



クリーニング師を目指す学校を探す

クリーニング師になるには

 クリーニング師は、各都道府県で行われるクリーニング師試験に合格後、申請して免許を取得する必要があります。この試験は選抜試験ではなく、クリーニング師として不可欠な知識と技能が備わっていれば資格を取れるというもので、合格率も毎年6~7割前後と、比較的容易に取れる資格です。
 クリーニング師試験は中学卒業以上の者であれば、年齢などの制限はありません。高卒者が多く、中高年齢者が多いのも特色となっています。
 サービス業なので奉仕精神のあること、汚れの原因を究明して対処できるという探究心、客の品物を預かって確実に返すという責任感などが求められる。


高校生の方:

クリーニング師を目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

クリーニング師に必要な資格・講座を探す



関連記事

校正者

校正者(コウセイシャ)

印刷物の内容の正確さを守る職人 校正者の主な仕事内容 書籍や雑誌類などの出版物の制作

記事を読む

じんかい収集作業員

じんかい収集作業員 (ジンカイシュウシュウサギョウイン)

日常生活の中で発生する、様々なごみを収集する。 じんかい収集作業員の主な仕事内容 じ

記事を読む

旅行に関する職業

ツアーコンダクター

団体旅行に同行し快適な旅の進行の世話をする ツアーコンダクターの主な仕事内容 ツアーコン

記事を読む

通信販売受付スタッフ

通信販売受付スタッフ (ツウシンハンバイウケツケスタッフ)

仕事の性質上女性比率が高いのが特徴 通信販売受付スタッフの主な仕事内容 通信販売は、

記事を読む

アニメーター

アニメーター (アニメーター)

アニメ映画やアニメのシーンなどで作画を担当する アニメーターの主な仕事内容 アニメー

記事を読む

映像カメラマン

映像カメラマン (エイゾウカメラマン)

ディレクターや監督の指示で映像を収録する 映像カメラマンの主な仕事内容 TVや映画な

記事を読む

ナニー

ナニー

ワーキングマザーの強い味方 ナニーの主な仕事内容 ナニ―は、保護者から乳幼児を預かっ

記事を読む

経営コンサルタント

経営コンサルタント (ケイエイコンサルタント)

経営の専門アドバイザー 経営コンサルタントの主な仕事内容 企業の経営に関するトータル

記事を読む

管理美容師

管理美容師 (カンリビヨウシ)

美容業務の遂行を管理 管理美容師の主な仕事内容 常時2人以上の美容師が勤める美容所に

記事を読む

タイル工・レンガ工

タイル工・レンガ工 (タイルレンガコウ)

中規模から小規模の会社が多く、自営業も多い タイル工・レンガ工の主な仕事内容 タイル

記事を読む



PAGE TOP ↑