職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

パイロット

定期航空会社の採用は毎年合計で130人程度

パイロットの主な仕事内容

 パイロットは、乗客や貨物を運ぶ国内・国際路線の航空機を操縦したり、写真撮影や広告宣伝、遊覧飛行、航空測量などを行う小型飛行機やヘリコプターを操縦します。
 大型旅客機は、機長と副操縦士が協力して操縦を行う。
 機長は、航空機の操縦など、飛行についての全責任を負い、他の乗務員の指揮監督も行う。
 副操縦士は、操縦や地上の航空管制官との通信、飛行計器類の監視などについて機長を補佐する。また、機長に不測の事態が生じた場合、直ちにその職務を引き継ぐ。
 出発前に気象データなどを考慮にいれて、ディスパッチャー(運航管理者)とともに安全で経済的な飛行プランを立案し、飛行高度・飛行速度や燃料の量などを決定する。エンジンや操縦装置・計器の点検を行った後、離陸する。
 飛行中は飛行プランを守って運航し、地上の管制機関に飛行状況を連絡したり、通信モニターや計器の監視をするなど、常に安全運航に気を配る。また、病人やハイジャックなどの不測の事態にも冷静に対処する。
 着陸後は、所定の飛行日誌を記入し、到着地の整備担当者に航空機の状態を報告する。ディスパッチャーには航路の気象状態を後続の便のために伝達する。
 小型飛行機では、飛行プランの作成から操縦までを一人で行い、簡単な整備点検もする。


パイロットを目指す学校を探す

パイロットになるには

 飛行機の操縦に従事するためには、事業用操縦士、定期運送用操縦士の資格といった、運輸省航空局が実施する国家試験に合格し、ライセンスを取得しなければなりません。
 ライセンスには、定期運送用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士の3つが業務の範囲別に定められており、自家用飛行機を操縦する場合には自家用操縦士の資格だけでよいのですが、報酬を受けてパイロットの業務に就くためには、少なくとも事業用操縦士の技能証明が必要です。
 資格取得のためには、航空会社の試験に応募する方法と航空大学校に入学する方法がある。航空会社には筆記試験や面接、パイロットとしての適性検査を経て採用される。航空大学校の入学試験には学力検査、身体検査、心理検査、口述試験、操縦適性検査がある。なお、この他一部の大学(東海大学)では航空操縦学科を設けて、一定期間米国に留学させ、米連邦航空局の操縦免許を取得し、日本の操縦免許に書き換えるコースを設けている。
 さらに、実際にパイロットの業務に就くためには、定期運送用操縦士の資格に加え、航空法に定められたさまざまな資格や証明を取得しなくてはなりません。

高校生の方:
パイロットを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
パイロットに必要な資格・講座を探す


資格について

※パイロットに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

航空・航海の資格

航空・宇宙に関する資格


関連記事

貿易スタッフ

貿易スタッフ

商業英語、外国為替、経済学などの知識が仕事に役立つ 貿易スタッフの主な仕事内容 貿易

記事を読む

溶接工

溶接工 (ヨウセツコウ)

公共の職業訓練校で技術を身に付けられる 溶接工の主な仕事内容 溶接工は、金属材料の接合方

記事を読む

旅行に関する職業

ツアーコンダクター

団体旅行に同行し快適な旅の進行の世話をする ツアーコンダクターの主な仕事内容 ツアーコン

記事を読む

小型船舶操縦士

小型船舶操縦士(コガタセンパクソウジュウシ)

国土交通省指定の国家資格 小型船舶操縦士の主な仕事内容 船や釣り、マリンスポーツが好

記事を読む

麻薬取締官

麻薬取締官 (マヤクトリシマリカン)

麻薬取締官の主な仕事内容 厚生労働大臣から任命された厚生労働省の職員で、薬物乱用防止を使命

記事を読む

自衛官

自衛官 (ジエイカン)

高齢化社会に伴い今後益々需要が高まる 自衛官の主な仕事内容 防衛庁が管理運営している

記事を読む

ルートセールスマン

清涼飲料ルートセールスマン (セイリョウインリョウルートセールスマン)

各飲料のボトラー会社に所属、大型自動車免許は必要ない 清涼飲料ルートセールスマンの主な仕事

記事を読む

船舶機関士

船舶機関士 (センパクキカンシ)

ほとんどが商船大学、商船高等専門学校の出身者 船舶機関士の主な仕事内容 船舶機関士の仕事

記事を読む

製鋼工

製鋼工 (セイコウコウ)

製鉄業の中では中心的な職種である 製鋼工の主な仕事内容 製鋼工の仕事は、製鉄業の中で

記事を読む

海上保安官

海上保安官 (カイジョウホアンカン)

海の安全維持から、事故対応、救助作業まで 海上保安官の主な仕事内容 周囲を海で囲まれた日

記事を読む



PAGE TOP ↑