職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

ディスパッチャー

航空機の運航管理を行う

ディスパッチャーの主な仕事内容

ディスパッチャー(運航管理者)は、航空機の運航管理を行う。

運航管理業務は大別してニ種類ある。

第一は、目的地までの航空機運航に関わる情報を分析し、最も安全で効率のよい飛行コースや高度などを決定して、飛行計画の作成を行う業務である。

飛行ルート上の気流や雲の様子など気象に関する情報、飛行場や航路付近にある航空機運航を援助する各種施設の情報、自衛隊の訓練に関する情報、目的地の飛行場の風向きや風速などの詳しい気象状況、乗客や貨物の重量など、運航に関するあらゆる情報を収集し分析を行うことである。

毎日運航されている定期便であっても、天気は常に変化し、乗客の数も便ごとに変化する。
そこで、飛行中の天候を予測して飛行コースや高度を決め、乗客や貨物の総重量を計算し、燃料をどれくらい積載すればよいかを考え、コンピュータを使用して飛行計画(フライトプラン)を作成する。

機長にデータ説明(ブリーフィング)を行い、機長の同意を得ると飛行計画は正式に承認され、国土交通省航空交通管制センターに提出される。

第二は、航空機が離陸してから着陸するまで運航状況を地上側で把握し、必要に応じて支援する飛行監視業務である。

航空機は通常飛行計画にしたがって飛行するが、天候の急変や飛行中の傷病、航空機の故障、ハイジャックなど不測の事態が発生した場合、ルートの変更や代替空港を手配するなど直ちに必要な対応を行う。

最近では、最新の運航・整備関連情報をデータ通信によって飛行中の航空機に送れるようになっている。
また、GPS(全世界衛星測位システム)や衛星通信による航空管制を含む新しい航空航法システムも実用化されている。



ディスパッチャーになるには

航空会社に採用された後、適性があると判断された人が社内研修や正規のディスパッチャーの補助要員として経験を積み、正規のディスパッチャーになるのが一般的である。
訓練を受けた後に、国家試験である運航管理者試験を受け、合格後さらに経験を積み、社内審査に合格して正式なディスパッチャーとなる。
また、航空会社によっては運航管理関連業務を専門に行うグループ会社を設けているところがあり、そうした会社でも募集が行われている。

国家試験を受ける前に航空無線通信士の資格を取得していることが必要である。
23歳以上で、1年以上の実務経験がなければ国家試験を受けることはできない。

学歴はほぼ大卒に限られており、特に特別な技能は問われないが広い視野で柔軟かつ的確に事態に対応できる人材が求められている。

関連資格に、運航管理者技能検定航空無線通信士などがある。


高校生の方:


社会人やフリーターの方:



関連記事

手話通訳士

手話通訳士 (シュワツウヤクシ)

聴覚障害者と健職者の対話をサポート 手話通訳士の主な仕事内容 手話を音声言語に、あるいは

記事を読む

パティシエ

パティシエ

創造性、美的センスが問われる技術職 パティシエの主な仕事内容 パティシエの仕事は、洋

記事を読む

標題書士

標題書士 (ヒョウダイショシ)

お店や街中の看板を書く専門家 標題書士の主な仕事内容 お店の名前や様々な表示を専門に

記事を読む

コンシェルジュ

コンシェルジュ

ホテルの何でも相談係 コンシェルジュの主な仕事内容 ホテルには様々な目的を持った人達

記事を読む

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナー

書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル エディトリアルデザイナーの主な仕事内容

記事を読む

電気工事士

電気工事士 (デンキコウジシ)

電気配線工事を一手に引き受ける 電気工事士の主な仕事内容 電気工事士の仕事は、電力会

記事を読む

ゲームデザイナー

ゲームデザイナー

企画から基本設計まで幅広く行う ゲームデザイナーの主な仕事内容 ゲームの企画立案から

記事を読む

翻訳者

翻訳者 (ホンヤクシャ)

実際の需要は匿名の産業翻訳が圧倒的 翻訳者の主な仕事内容 日本は翻訳文化の国といわれ

記事を読む

航空管制官

航空管制官 (コウクウカンセイカン)

空の安全を守る国家公務員 航空管制官の主な仕事内容 飛行場への離着陸や飛行経路の指示

記事を読む

とび工

とび工 (トビコウ)

建築物の基礎工事、軸組工事を仕上げる重要部門 とび工の主な仕事内容 とび工は、住宅や

記事を読む



PAGE TOP ↑