職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

臭気判定士 (シュウキハンテイシ)

悪臭の強さを測定するための国家資格

臭気判定士の主な仕事内容

悪臭防止法の改正により需要が増えるとみられている。悪臭は、普通多くの種類のにおいが混ざっていて、混ざることで強くなる場合が多い。においの測定はセンサーなどの機械では難しいとされ、現在、人間が嗅覚を使って測定している。測定は、臭気判定士が測定の対象となる悪臭を嗅いで最もにおいが強い時にサンプルを採集し、「パネル」と呼ばれる嗅覚異常のない判定者に試料袋と無臭袋を渡す。判定士は徐々に臭いを薄めていき、パネルが試料の入った袋を当てることができなくなるまで試験を続け、この結果をもとに悪臭を10以上の「臭気指数」(規制値は21まで)で表す。においの測定方法には分析機器による測定法と人の嗅覚を用いる嗅覚測定法の2通りある。臭気判定士とは嗅覚測定法を行うための資格であり、パネルの選定、試料の採取、試験の実施、結果の求め方まで全てを統括する。臭気環境分野で初めての国家資格である。環境保全の必要性が高まりつつある今、委託測定などの分析を行う、分析サービス業からの受験者が最も多く、最近ではISO14001の取得に取り組む企業が自主的な環境管理のために資格を取得するケースも増加している。



臭気判断士を目指す学校を探す

臭気判定士になるには

社団法人におい・かおり環境協会が実施する臭気判定士試験に合格した後や試験前に、各検査機関で実施する嗅覚検査に合格すれば免状が交付されます。


高校生の方:

臭気判断士を目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

臭気判断士に必要な資格・講座を探す


資格について

※臭気判定士に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

環境に関する資格


関連記事

医療情報管理者

医療情報管理者(イリョウジョウホウカンリシャ)

日々の医療現場を守る仕事 医療情報管理者の主な仕事内容 カルテをはじめとして必要なと

記事を読む

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニア

情報関連企業などで業務用プログラム等を開発 アプリケーションエンジニアの主な仕事内容

記事を読む

ベビーシッター

ベビーシッター

英語や音楽など学習指導をするシッターも ベビーシッターの主な仕事内容 ベビーシッター

記事を読む

家電修理工

家電修理工 (カデンシュウリコウ)

家電製品のメーカーとユーザーを結ぶ大切な役割 家電修理工の主な仕事内容  販売店やメーカ

記事を読む

国連スタッフ

国連スタッフ (コクレンスタッフ)

納税を厳しくチェックする取り締まり役 国連スタッフの主な仕事内容 国連スタッフは、国

記事を読む

レーシングエンジニア

レーシングエンジニア

レースチームの技術面の責任者 レーシングエンジニアの主な仕事内容 レースチームの技術面の

記事を読む

家具工

家具工 (カグコウ)

物を創造する喜びが味わえる仕事 家具工の主な仕事内容 家具は和家具と洋家具に大別され

記事を読む

チューニングエンジニア

チューニングエンジニア (チューニングエンジニア)

クルマの性能を最大限に引きだす チューニングエンジニアの主な仕事内容 エンジンのパワーを

記事を読む

診療放射線技師

診療放射線技師 (シンリョウホウシャセンギシ)

高度な医療技術専門職 診療放射線技師の主な仕事内容 医療の現場で医師の指示に基づいて

記事を読む

不動産鑑定士

不動産鑑定士 (フドウサンカンテイシ)

不動産関係資格の最高位 不動産鑑定士の主な仕事内容 不動産鑑定士の仕事は、依頼者から

記事を読む



PAGE TOP ↑