職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

潜水士 (センスイシ)

ダイビングなどレジャースポーツ関係の取得者も多い

潜水士の主な仕事内容

潜水士の仕事は多岐にわたっていますが、港湾、漁港、漁場整備、海洋開発、海洋性レジャー設備などの工事には潜水技術は欠かせないものです。
その他、船舶関係では、サルベージ作業、船底の清掃、補修補強作業があり、災害・事故などの際のレスキュー隊活動やマスコミ関係の水中テレビ・水中写真撮影、その他各方面が行う調査、観察、水中バレー、水族館の餌付け作業など、いわば潜水士は陸上で行う作業をそのまま、潜水装備を身に付けて水中で行う職業であるといってもよいでしょう。

潜水方式には、スキューバ式、ヘルメット式、フーカー式の3方式があり、作業目的や作業時間、水温、潜水深度、海流などの作業条件を総合判断して、どの方式によるかを決めて潜水用具を選びます。潜水士になるには、労働省が実施する潜水士免許試験に合格しなければなりません。

潜水士の職業病である高気圧障害(減圧症、肺の破裂など)を予防するため、法令により、潜降速度や浮上速度は毎分10m以下と規定されているほか、浮上途中に減圧のために停止する時間や潜水業務(水深10m以上の場合)を行うことのできる一日の潜水時間も定められている。
安全な潜水を行うためには、こうした基本的事項を厳守しなければなりません。
潜水士自身にも、潜水時間、潜水深度、作業内容、作業場所、開始・終了時刻など、一日の潜水業務を記録しておくことが求められています。


潜水士を目指す学校を探す


潜水士になるには

職業潜水士は、海洋・港湾・漁港などの建設、サルベージ、漁業、警察、海上保安庁、消防署、放送出版などの会社や官庁に所属するか、自営業として依頼される仕事を遂行します。
潜水士になるためには、労働省が実施する潜水士免許試験に合格しなければなりません。潜水技術を習得するには、スキューバ式潜水については民間のダイビングスクールなどで指導を受けたり、潜水に関する講義や実習を行う水産系の大学、水産高校などで学ぶのもひとつの方法です。

なお、潜水士免許は水中での作業技能を評価したものではないので、潜水して何をやれるかという資格(溶接、溶断、発破、写真など)を習得しておくことが大切です。

潜水士免許の取得者は、全国で8万人余といわれ、このうち全国の港湾、漁港、人工島や臨海部の空港などにおける水中での工事に約5千人、沈没船の引揚げなどサルベージ関係に約500人、漁業関係に約1万人が従事していると推定されています。このほかレジャースポーツ関係の取得者が多いと言えます。


資格について

※潜水士に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

航空・航海の資格


関連記事

動物園飼育スタッフ

動物園飼育スタッフ (ドウブツエンシイクスタッフ)

動物の飼育・育成から、種の保存まで 動物園飼育スタッフの主な仕事内容 動物園飼育スタ

記事を読む

エクステリアデザイナー

エクステリアデザイナー

建物の外観に関わるデザインをする エクステリアデザイナーの主な仕事内容 塀や門、カーポー

記事を読む

自動車組立工

自動車組立工 (ジドウシャクミタテコウ)

自動車産業はわが国を代表する基幹産業 自動車組立工の主な仕事内容 自動車組立工は、自動車

記事を読む

カーデザイナー

カーデザイナー

コンセプトを形にする自動車のデザイナー カーデザイナーの主な仕事内容 自動車メーカーなど

記事を読む

臭気判定士

臭気判定士 (シュウキハンテイシ)

悪臭の強さを測定するための国家資格 臭気判定士の主な仕事内容 悪臭防止法の改正により需要

記事を読む

二輪自動車整備士

二輪自動車整備士 (ニリンジドウシャセイビシ)

オートバイの整備・修理をする 二輪自動車整備士の主な仕事内容 二輪自動車自動車整備士にな

記事を読む

ディスパッチャー

ディスパッチャー

航空機の運航管理を行う ディスパッチャーの主な仕事内容 ディスパッチャー(運航管理者)は

記事を読む

僧侶(ソウリョ)

出家し宗教を通じて人々を教えを広める 僧侶の主な仕事内容 一般的には出家し、仏門を極

記事を読む

レンジャー(自然保護官)

自然保護を目的とする国家公務員 レンジャーの主な仕事内容 元々はアメリカ合衆国やカナ

記事を読む

自衛官

自衛官 (ジエイカン)

高齢化社会に伴い今後益々需要が高まる 自衛官の主な仕事内容 防衛庁が管理運営している

記事を読む

PAGE TOP ↑