職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

バーテンダー

多種多様な酒の味をクリエイト

バーテンダーの主な仕事内容

 バーテンダーとは、ホテルのバーラウンジや店舗で、何千種類もあるカクテルを作る仕事です。
 バーテンダーは、お客から注文されたカクテルをレシピ(処方)にそって作ります。ベースとなるお酒に、副材料となる飲料、香料などを混ぜ合わせて氷を加え、手早く作ります。
 混ぜ方には、シェーカーに入れて振る、ミキシンググラスでかき混ぜる、飲むためのグラスに直接入れるなどの方法がある。
 お客の好みに応じて、お酒の量、甘口か辛口かなどを作り分ける技術はもちろん、接客マナーや話題の豊富さも、固定客にとっての魅力となる。
 また、自分のオリジナルのカクテルを作り出すなど、日々の研究や訓練が欠かせない。
 経験と努力がものをいう仕事です。



バーテンダーを目指す学校を探す

バーテンダーになるには

 特に必須となる資格はありませんが、日本バーテンダー協会ではNBA認定バーテンダー資格証書、NBA認定 バーテンダー技能検定合格証書などの検定試験制度や、全国バーテンダー技能競技大会などを開催しており、バーテンダーとしての力量の目安にする事ができます。
 各種学校でバーテンダーの勉強をしてから就職する方法、ホテルに就職後、様々な仕事を経験してからバーテンダーの道に進む方法、バーなどに勤務しながら一人前のバーテンダーになる方法がある。
 先輩についての仕事であれば、就職してすぐにできることもあるが、バーテンダーとして一人前になるには10年かかるともいわれる。
 お客に気分よく過ごしたり飲食してもらうことが第一であり、資質としては、身のこなしが軽いこと、気配りができることなどが求められる。
カクテルの技術と人柄が重要である。

 


高校生の方:

バーテンダーを目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

バーテンダーに必要な資格・講座を探す


資格について

※バーテンダーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

料理に関する資格


関連記事

言語聴覚士

言語聴覚士 (ゲンゴチョウカクシ)

福祉現場でのサービス向上に今後注目される 言語聴覚士の主な仕事内容 言語聴覚障害者に

記事を読む

DPEショップ店員

DPEショップ店員 (ディーピーイーショップテンイン)

人当たりや愛想のよさ、柔軟な態度が求められる DPEショップ店員の主な仕事内容 DP

記事を読む

映画監督

映画監督 (エイガカントク)

映画制作においてすべてのスタッフをまとめる 映画監督の主な仕事内容 映画制作において

記事を読む

すし職人

すし職人 (スシショクニン)

技術と修行次第で独立開業、高収入も すし職人の主な仕事内容  「すし」は古くからの日

記事を読む

保健師

保健師 (ホケンシ)

地域住民の健康増進を図る 保健師の主な仕事内容 保健師の仕事は、地域住民の健康を守るため

記事を読む

美容師

美容師 (ビヨウシ)

収入も実力次第、独立も望める 美容師の主な仕事内容 美容師の仕事は、パーマやカットの

記事を読む

シューフィッター

シューフィッター

靴の専門アドバイザー シューフィッターの主な仕事内容 シューフィッターは、靴専門店や

記事を読む

病棟クラーク

病棟クラーク (ビョウトウクラーク)

患者と医療職との間で活躍する医療サービスの仕事 病棟クラークの主な仕事内容 医療サー

記事を読む

ウェブマスター

WEBマスター (ウェブマスター)

ホームページの利用者と制作スタッフの橋渡し役 WEBマスターの主な仕事内容 ホームペ

記事を読む

防水工

防水工 (ボウスイコウ)

建築物の水の浸入を防ぐ重要な仕事 防水工の主な仕事内容 防水工は、建物の仕上げ職種の一つ

記事を読む



PAGE TOP ↑