職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

WEBクリエイター (ウェブクリエイター)

インターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・制作を行う。

WEBクリエイターの主な仕事内容

WEBクリエイターはまず、依頼者の要望を聞いて開設するサイトの目的を明確にし、閲覧者の動向を踏まえて、どのようなサイトを制作するのかといったコンセプトを決め、あわせて開発スケジュールや運営体制などを決定する。
次に、コンセプトに基づいて画面のデザインやレイアウト、提供する機能など細かい内容を決める。
各ページに掲載するコメントや画像を作成してから、htmlなどの専用のプログラム言語を用いて、サイトを制作する。
検索や掲示板などの機能を使用するため、他のプログラムを組み合わせることもある。
動作確認を行って使いやすさを確認し、不具合が発生した場合には必要な修正を加えて、Webサイトをオープンする。

小さなサイトの場合は一人ですべてをこなすこともあるが、企業などが作成する数百ページにも及ぶサイトの場合などは、ページのデザイン、画像の作成、サイト制作の進行管理をするプロデュースなど、分業して制作を行うことが一般的である。
また、写真家、コピーライター、プログラマーなど他の職種のプロと分業を行うことも多い。

WEBクリエイターを目指す学校を探す

WEBクリエイターになるには

新卒の場合、学歴はさほど重要視されない。
しかしながら、コンピュータの知識は必須であり、大学、短大、専門学校などで知識を身につければ有利である。
必要な資格や免許などは特にないが、デザインの基礎は必要となる。

中途採用の場合は、DTPデザイナーやプログラマーなど関連する職種から転職してくることが多い。
利用者に支持されるサイトをつくれるかという個人のスキルが問われる職業のため、実績があれば、独立しやすいといえる。
フリーやSOHO(Small Office Home Office)で働く人も多い。

Webサイトの企画制作の専門会社に就職し、写真や画像加工など素材作りからスタートする。
経験を積んで実力をつけ、だんだんとページ全体のデザインを行うようになる。

Webサイトのデザインでは、何よりも表現力が求められる。
さらに、伝えたいことをインターネットの特徴を生かして伝える知識も必要である。

関連資格にCG検定マルチメディア検定がある。

高校生の方:
WEBクリエイターを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
WEBクリエイターに必要な資格・講座を探す


関連する仕事や資格について

※WEBクリエイターに関係のある仕事や資格を一覧でみられます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

インターネットに関わる仕事


関連記事

電子計算機オペレーター

電子計算機オペレーター (デンシケイサンキオペレーター)

大企業のコンピュータシステムの管理人 電子計算機オペレーターの主な仕事内容 電子計算

記事を読む

マンション管理士

マンション管理士 (マンションカンリシ)

マンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導を行う マンション管理士の主な仕事内容

記事を読む

WEBビデオディレクター

WEBビデオディレクター (ウェブビデオディレクター)

ビデオカメラで撮影した映像を編集し、画像データをつくる WEBビデオディレクターの主な仕事内容

記事を読む

エステティック

エステティシャン

経験を積めば独立開業もできる女性に人気の職種 エステティシャンの主な仕事内容 エステ

記事を読む

商社マン

商社マン (ショウシャマン)

海外や国内でさまざまな商品の取引を行う 商社マンの主な仕事内容 資源の乏しいわが国では、

記事を読む

シューフィッター

シューフィッター

靴の専門アドバイザー シューフィッターの主な仕事内容 シューフィッターは、靴専門店や

記事を読む

システムアナリスト

システムアナリスト

システムエンジニアを統括する立場の上級職 システムアナリストの主な仕事内容 システム

記事を読む

広告プランナー

広告プランナー (コウコクプランナー)

効果的な広告をプロデュース 広告プランナーの主な仕事内容 商品や企業イメージなどをそ

記事を読む

スポーツ審査員

スポーツ審判員(スポーツシンパンイン)

スポーツにおける判定員 スポーツ審判員の主な仕事内容 プロ野球やサッカー、バレーボー

記事を読む

郵便局員

国家公務員Ⅲ種 (コッカコウムインサンシュ)

各省庁の初級職員 国家公務員Ⅲ種の主な仕事内容 各省庁の初級職員として採用される資格

記事を読む



PAGE TOP ↑