職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

生命保険外交員 (セイメイホケンガイコウイン)

営業員のうち9割は女性営業員、独特の教育体系が特徴

生命保険外交員の主な仕事内容

生命保険外交員の仕事は、生命保険契約の募集、集金、アフターサービスです。生命保険は一般の商品と異なり「保障」という目に見えない商品であり、生命保険の場合比較的長期間にわたる支払いも生じます。
お客のライフサイクルに応じて必要な保険金額を見積もり、お客のニーズに最適のプランを勧めていきます。お客が加入を決めた場合には、必要な事項を確認しながら申込書を作成し、署名・捺印をもらい、契約するという流れになります。企業に対しては、企業年金やグループ保険など団体保険の設計・販売を行います。
生命保険は長期間にわたる契約であるため、お客とのつきあいも長いものになります。そのため、結婚、子どもの誕生などお客のライフサイクルの変化に応じて、新しい保険を勧めていきます。また、保険料の支払いが困難になったり、契約者や受取人を変更したいなど、お客の生活状況が変化した場合には、適切なアドバイスや解決の手伝いをするというアフターサービスも非常に重要になります。


生命保険外交員になるには

生命保険の営業職となるためには、生命保険業界が統一的に実施している共通の初期教育で所定の研修を受け、試験に合格した後に大蔵省に登録することが必要です。教育期間中は生命保険会社とは委任契約の関係となり、所定の固定給のみが支払われます。br />
営業員としての登録を終え、セールス活動が始まると、販売活動の実績に応じた比例給が加算され、雇用契約となります。生命保険業界共通の教育体系は、初期教育とそれに続く高資質化教育のステップが定められており、専門課程、応用過程、生命保険大学課程へとステップアップを目指します。こうして資格や活動実績に応じて給与や地位も変動してゆくのが、この職業の特徴です。

商品知識(基本用語・約款・事務手続など)、税務知識、公的年金・健康保険等の社会保険に関する知識、福利厚生制度に関する知識などが必要となる。
また、生命保険の営業には、自主性、社交性、粘り強さ、積極性なども求められます。



関連記事

脚本家

脚本家 (キャクホンカ)

映画の構成を考え出演者のセリフ(台本)を書く 脚本家の主な仕事内容 映画やTVドラマ

記事を読む

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニア

情報関連企業などで業務用プログラム等を開発 アプリケーションエンジニアの主な仕事内容

記事を読む

ドアマン

ドアパーソン

お客様を最初に迎えるホテルの顔 ドアパーソンの主な仕事内容 ホテル内のサービス業務は

記事を読む

プロスポーツ選手

プロスポーツ選手 (プロスポーツセンシュ)

スポーツ競技は100%実力主義の世界 プロスポーツ選手の主な仕事内容 プロ野球、サッ

記事を読む

放送記者

放送記者 (ホウソウキシャ)

TVのニュースなどで活躍する姿はおなじみ 放送記者の主な仕事内容 放送記者の仕事は原

記事を読む

クリーニング師

クリーニング師 (クリーニングシ)

売り手市場で資格取得も比較的容易 クリーニング師の主な仕事内容  クリーニング師とは

記事を読む

労働基準監督官

労働基準監督官 (ロウドウキジュンカントクカン)

労働条件の確保、改善を行う 労働基準監督官の主な仕事内容 労働省本省または、全国各地の労

記事を読む

デバッガー

デバッガー

コンピュータープログラムの誤り・不具合・欠陥を取り除く仕事 デバッガーの主な仕事内容

記事を読む

演出家

演出家 (エンシュツカ)

脚本や舞台効果などすべてを把握した上で構成を演出 演出家の主な仕事内容 素晴らしい脚

記事を読む

美術鑑定士

美術鑑定士 (ビジュツカンテイシ)

美術品の価値を見抜くプロ 美術鑑定士の主な仕事内容 絵や美術品を見る鑑識眼が必要な仕事で

記事を読む



PAGE TOP ↑