職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

警察官 (ケイサツカン)

社会の秩序を維持し公共の安全を守る

警察官の主な仕事内容

 社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行うのが警察官です。
 警察官には、巡査、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視官、警視総監と9つの階級があります。
 また、これらとは別に、刑事、白バイ・パトカーの運転、鑑識といった専門職がある。こういった仕事を希望する人は、勤務の実績などを考慮されたうえ、研修を受けます。
 条件をクリアして、関連職業についての特別なトレーニングを受けると、その後は各警察署に配置されたり、交通機動隊員になったりすます。
 警察官には様々な職種があります。
 交番・駐在所でのパトロールや巡回連絡等のあらゆる活動を通じて、管轄する地域の実態や地域住民の要望を把握し、地域住民の要望にこたえるための活動を行う地域警察。
 悪質化、巧妙化、広域化する数々の犯罪の検挙を行う刑事警察。
 防犯活動、風俗事犯摘発などによる生活環境の浄化、凶悪化・低年齢化が懸念される少年犯罪を防ぐ生活安全警察。
 交通事故防止を目的とした交通安全教育、各種交通違反の取締り、交通事故捜査などを行う交通警察。
 災害時の救助活動、国内外の要人の警護、テロ・ゲリラ事件の捜査などを行う警備警察など、多岐にわたる分野で活動しています。


警察官を目指す学校を探す

警察官になるには

 警察官の採用試験はⅠ類からⅢ類まであり、Ⅰ類は17歳以上30歳未満までで、高卒程度の学力が必要、Ⅱ類は19歳以上30歳未満までで、短大卒以上の学力が必要、Ⅲ類は21歳以上30歳未満までで、大卒程度の学力が必要、となっています。
 いずれも、体重、身長、視力について一定の身体基準があります。採用試験は、各都道府県警察において行われます。

 勤務体制は、毎日勤務する通常勤務と交番や機動捜査隊等で行っている3交替制勤務(警視庁は4交替制)の2種類があります。
 休日は、通常勤務で完全週休2日制、3交替制勤務で4週8休制となっています。
 一週間の勤務時間はいずれも40時間です。

 最近の治安情勢は、凶悪犯罪や少年非行の増加、サイバー犯罪等の新たな態様の犯罪の出現など、複雑化・多様化しており、このような情勢の変化に的確に対応するため、警察活動の広域化・スピード化が要求され、高度な科学的・専門的知識や技術が必要となる分野が広がっています。


高校生の方:

警察官を目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

警察官に必要な資格・講座を探す


資格について

※警察官に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

公務員・政治に関わる仕事


関連記事

航海士

航海士 (コウカイシ)

海技士免許の取得条件は級に応じて複雑な決まりがある 航海士の主な仕事内容 航海士は船長が

記事を読む

語学教師

語学教師 (ゴガクキョウシ)

児童から社会人まで教える相手はさまざま 語学教師の主な仕事内容 語学教師は、教える国の語

記事を読む

翻訳者

翻訳者 (ホンヤクシャ)

実際の需要は匿名の産業翻訳が圧倒的 翻訳者の主な仕事内容 日本は翻訳文化の国といわれ

記事を読む

図書館司書

図書館司書 (トショカンシショ)

図書館の管理・運営を行う専門職 図書館司書の主な仕事内容 司書は、図書館での資料の収集・

記事を読む

観光局スタッフ

観光局スタッフ (カンコウキョクスタッフ)

各国の観光局で観光案内を行う 観光局スタッフの主な仕事内容 各国の窓口となり、政府に

記事を読む

信用金庫渉外係

信用金庫渉外係 (シンヨウキンコショウガイガカリ)

地域社会に根差し、信用金庫の代表として顧客と接点を持つ 信用金庫渉外係の主な仕事内容

記事を読む

美術教師

美術教師 (ビジュツキョウシ)

絵画や彫刻などの創作を指導する 美術教師の主な仕事内容 美術教師は、児童・生徒に絵画・彫

記事を読む

溶接工

溶接工 (ヨウセツコウ)

公共の職業訓練校で技術を身に付けられる 溶接工の主な仕事内容 溶接工は、金属材料の接合方

記事を読む

自衛官

自衛官 (ジエイカン)

高齢化社会に伴い今後益々需要が高まる 自衛官の主な仕事内容 防衛庁が管理運営している

記事を読む

土地家屋調査士

土地家屋調査士 (トチカオクチョウサシ)

土地家屋の表示に関する登記ができる 土地家屋調査士の主な仕事内容 土地家屋調査士が行

記事を読む



PAGE TOP ↑