職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

新聞記者 (シンブンキシャ)

多領域にわたっての幅広い知識が必要

新聞記者の主な仕事内容

新聞記者は、公正な立場で取材をし、その結果を記事にまとめます。新聞記者の取材のためには、官公庁が便宜をはかっていますし、みんなの関心を持つ事柄を、みんなになり代わって取材してくれるからです。新聞は公器ということで、報道、評論の自由を享受していますが、こうした言論の自由は、民主主義の国にとっては基本的な人権の一つとして尊重されています。

新聞社の組織の中では編集局に所属しています。編集局は政治、社会、外信、地方、文化、運動、写真、などの各部に分かれていますが、それぞれ専門の記者がいて、取材をし、記事を書いています。全国紙は東京、大阪などに本社を置く地、各府県に支局を中心にした通信網をつくり、地方記者を配置して、健や市町村の他、県民の生活を取材して県版をつくっています。海外の主要国にも支局があり、特派員が駐在してその国のあらゆるニュースを取材しています。この他、特定の産業など専門分野のニュースを扱う専門紙(業界紙)の記者もいます。


新聞記者を目指す学校を探す


新聞記者になるには

新聞記者になるには、特別な専門教育を受ける必要はありません。しかし、多領域にわたっての幅広い知識と、ニュースを報道、評論するに当たっての思考力、言語能力、文章力が要求され、さらにはコンピュータやワープロなどデータのデジタル化に向けての機器類への対応も要求されます。ほとんどの新聞社では、大学卒を条件として入社試験を行っています。採用時の年齢は上限25歳から30歳までのところがほとんどです。記者の生活はかなり不規則で、事件のときは徹夜が続くこともあります。原稿の締め切りに追われて、食事もとらずに記事をワープロやコンピュータで打つこともあるので、それに耐えられるだけの強い精神力と体力が求められます。また何事にも興味を示す好奇心が強いことも大切です。

高校生の方:
新聞記者を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
新聞記者に必要な資格・講座を探す


資格について

※新聞記者に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

本・雑誌・新聞づくりの資格


関連記事

製材工

製材工 (セイザイコウ)

木材は地球環境に大きな貢献をする「環境資材」 製材工の主な仕事内容 製材工の仕事は、

記事を読む

眼鏡販売店員

眼鏡販売店員 (メガネハンバイテンイン)

眼鏡は日本人のトレードマーク 眼鏡販売店員の主な仕事内容  眼鏡販売店員とは、眼鏡店

記事を読む

オプティシャン

オプティシャン

眼鏡やコンタクトレンズのアドバイザー オプティシャンの主な仕事内容 オプティシャンは

記事を読む

ホテルレストランスタッフ

ホテルレストランスタッフ

ホスピタリティ溢れる料飲サービスで心地良い空間を演出 ホテルレストランスタッフの主な仕事内容

記事を読む

通訳者

通訳者 (ツウヤクシャ)

会話ができるということだけでは仕事にはならない 通訳者の主な仕事内容 通訳者の活躍する場

記事を読む

大使館スタッフ

大使館スタッフ (タイシカンスタッフ)

在日大使館で働く国際交流の窓口役 大使館スタッフの主な仕事内容 諸外国が日本に置く大使館

記事を読む

視能訓練士

視能訓練士 (シノウクンレンシ)

視力の回復を助ける 視能訓練士の主な仕事内容 視機能に障害のある人々に機能の回復のた

記事を読む

作業療法士

作業療法士 (サギョウリョウホウシ)

社会適応能力を回復させる 作業療法士の主な仕事内容 身体や精神に障害がある人に対して、手芸や

記事を読む

家庭裁判所調査官

家庭裁判所調査官 (カテイサイバンショチョウサカン)

事件についての調査報告を行う 家庭裁判所調査官の主な仕事内容  家庭裁判所裁判官の命

記事を読む

ピアニスト

ピアニスト

感情をのせながらピアノを奏でる ピアニストの主な仕事内容 ピアニストは、自分の感情をのせ

記事を読む



PAGE TOP ↑