職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

フラワーショップ店員 (フラワーショップテンイン)

若い女性には相変わらず根強い人気の職業

フラワーショップ店員の主な仕事内容

フラワーショップ店員とは、フラワーショップで、お客の要望に応えながら生花を販売する仕事です。

人々の目や心を癒してくれるものとして、花や緑の人気は高まっています。最近はフラワーデザインの影響もあって、若い女性には相変わらず人気のある職業ですし、最近では花の需要の伸びも影響して男性にも希望者の多い職業です。

フラワーショップ店員は、花という生き物を扱う仕事なので、手が冷たい、手が荒れる、といった厳しい面もあるということをまず知っておく必要があります。

花について勉強しながら店の清掃や配達の仕事を覚えていき、少しずつ接客や販売の仕事も任されるようになります。

一人前になるためには、販売だけでなく仕入れもできなければなりません。

仕事は、花を仕入れることから始まります。

卸売市場に出向き、花や鉢を自分の目で見て競り(せり)に参加し、よいものを少しでも安く買うことが大切です。

このために、出荷情報や業界の動向に気を配るとともに、自分の店の状況を考え、上手な仕入れをすることが重要となります。

フラワーショップ店員を目指す学校を探す

フラワーショップ店員になるには

 この職業につくために、特に学歴の制限はありません。

現在では高卒程度の学歴と常識を持っていることが望ましいと考えられています。これは、扱う花や鉢の種類が多くなり、基礎的な植物学の知識を土台として手入れや処理の方法を覚える必要が出てきたからです。

また、生け花の免許、フラワーデザインの検定や認定資格を得ていると就職の際に有利になります。持っていない人は、入店後にこれらの資格を取るよう努力する姿勢も大切です。年齢や性別についても制限はありませんが、やはり就職希望者は若い女性が圧倒的に多い状況です。

しかし、フラワーショップ店員の仕事には仕入れや配達など、男性に向いたものも多いので、男性の就職希望者も望まれており、実際に最近は多くなっています。

高校生の方:
フラワーショップ店員を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
フラワーショップ店員に必要な資格・講座を探す


資格について

※フラワーショップ店員に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

植物・フラワーを扱う資格


関連記事

映像プロデューサー

映像プロデューサー (エイゾウプロデューサー)

監督とともに映画を企画しすべてのスタッフをまとめる 映像プロデューサーの主な仕事内容 映

記事を読む

新聞記者

新聞記者 (シンブンキシャ)

多領域にわたっての幅広い知識が必要 新聞記者の主な仕事内容 新聞記者は、公正な立場で

記事を読む

スポーツジャーナリスト

スポーツジャーナリスト

スポーツをテーマに報道する スポーツジャーナリストの主な仕事内容 スポーツに関わる色

記事を読む

編集者

編集者(ヘンシュウシャ)

書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル 編集者の主な仕事内容 出版社や制作プロ

記事を読む

非破壊検査員

非破壊検査員 (ヒハカイケンサイン)

工業国では不可欠の専門技術者 非破壊検査員の主な仕事内容 非破壊検査員の仕事は、金属

記事を読む

標題書士

標題書士 (ヒョウダイショシ)

お店や街中の看板を書く専門家 標題書士の主な仕事内容 お店の名前や様々な表示を専門に

記事を読む

バーテンダー

バーテンダー

多種多様な酒の味をクリエイト バーテンダーの主な仕事内容  バーテンダーとは、ホテル

記事を読む

医療情報管理者

医療情報管理者(イリョウジョウホウカンリシャ)

日々の医療現場を守る仕事 医療情報管理者の主な仕事内容 カルテをはじめとして必要なと

記事を読む

行政書士

行政書士 (ギョウセイショシ)

市民の身近な行政分野のスペシャリスト 行政書士の主な仕事内容 行政書士は「役所と市民

記事を読む

修復家

修復家 (シュウフクカ)

美術品を元の状態に復元させる 修復家の主な仕事内容 絵画や彫刻など、年代が古くなったり、

記事を読む



PAGE TOP ↑