職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

酪農家 (ラクノウカ)

牛乳や食肉などを生産するため家畜を育てる

酪農家の主な仕事内容

農場や牧場などで、牛や豚、鶏などを飼育するのが酪農家です。乳製品にしたり、食肉用にしたり、安全でおいしい畜産品等を生産するために、飼育方法や飼料・環境を整え、家畜を育てていきます。重労働ですが、育てる楽しみがある仕事です。
1日の仕事は、早朝6時頃の飼料給与と搾乳に始まり、朝のうちに牛舎の清掃を済ませ、昼間は牛の健康チェックや堆肥生産作業を行います。また、春から秋にかけては飼料の生産を行います。
夕方には再び飼料給与、搾乳、牛舎の清掃を行い、夜8時頃には作業が終了するという仕事内容です。

搾った生乳は衛生管理に配慮して保存し、農協等を通じて出荷していきます。
最近では、牛乳やチーズ等乳製品の生産・販売を自ら行う酪農家も増加している傾向にあります。


酪農家を目指す学校を探す

酪農家になるには

自宅が酪農家でない場合は、農業(者)大学校(2年)や研修施設などで基礎を学び、酪農家のもとで2年以上実習を行って技術を身につけていきます。
また、酪農ヘルパーとして経験を積む方法もあります。

酪農経営には、乳牛の管理、飼養管理、育種改良、繁殖管理、飼料生産、搾乳機械等の衛生管理、ふん尿処理などに関する知識と技術が必要です。
また、搾乳や牧草生産など機械化が進んでいるので、機械の操作やパソコンを使っての生産管理の技術も重要になっていています。
生物が好きであることが不可欠で、自営業者としての経営知識も必要とされます。
入職前に、飼料生産に用いるトラクターやけん引の免許を取得しておくと役に立ちます。また、「家畜人工授精師」の資格を取得すると、乳牛の繁殖を自ら行うことができるようになります。

高校生の方:
酪農家を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
酪農家に必要な資格・講座を探す


資格について

※酪農家に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

植物・フラワーを扱う仕事


関連記事

大使館スタッフ

大使館スタッフ (タイシカンスタッフ)

在日大使館で働く国際交流の窓口役 大使館スタッフの主な仕事内容 諸外国が日本に置く大使館

記事を読む

病棟クラーク

病棟クラーク (ビョウトウクラーク)

患者と医療職との間で活躍する医療サービスの仕事 病棟クラークの主な仕事内容 医療サー

記事を読む

レポーター

レポーター

現場で自分の見たものをどう伝えるか レポーターの主な仕事内容 レポーターの活躍する分

記事を読む

ドアマン

ドアパーソン

お客様を最初に迎えるホテルの顔 ドアパーソンの主な仕事内容 ホテル内のサービス業務は

記事を読む

測量士

測量士 (ソクリョウシ)

建設業、不動産業、官公庁、測量会社など多方面で活躍 測量士の主な仕事内容 測量士の仕

記事を読む

漆器製造工

漆器製造工 (シッキセイゾウコウ)

地場産業として伝統的な工芸品を作る生産地が多い 漆器製造工の主な仕事内容 漆は古くか

記事を読む

フレグランスコーディネーター

フレグランスコーディネーター

香水の処方・設計・調香を行う フレグランスコーディネーターの主な仕事内容 化粧品販売店の

記事を読む

ツアープランナー

ツアープランナー

旅行の相談役 ツアープランナーの主な仕事内容 パッケージツアーなどの旅行商品の企画や、お

記事を読む

テレフォンオペレーター

テレフォンオペレーター

会社・企業の窓口として電話の応対を行う テレフォンオペレーターの主な仕事内容 テレフ

記事を読む

sadsad

神職(シンショク)

神に仕え、神事を司る者 神職の主な仕事内容 神の仕え、神事を司る者。 本来は宮司(

記事を読む



PAGE TOP ↑