職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

酪農家 (ラクノウカ)

牛乳や食肉などを生産するため家畜を育てる

酪農家の主な仕事内容

農場や牧場などで、牛や豚、鶏などを飼育するのが酪農家です。乳製品にしたり、食肉用にしたり、安全でおいしい畜産品等を生産するために、飼育方法や飼料・環境を整え、家畜を育てていきます。重労働ですが、育てる楽しみがある仕事です。
1日の仕事は、早朝6時頃の飼料給与と搾乳に始まり、朝のうちに牛舎の清掃を済ませ、昼間は牛の健康チェックや堆肥生産作業を行います。また、春から秋にかけては飼料の生産を行います。
夕方には再び飼料給与、搾乳、牛舎の清掃を行い、夜8時頃には作業が終了するという仕事内容です。

搾った生乳は衛生管理に配慮して保存し、農協等を通じて出荷していきます。
最近では、牛乳やチーズ等乳製品の生産・販売を自ら行う酪農家も増加している傾向にあります。


酪農家を目指す学校を探す

酪農家になるには

自宅が酪農家でない場合は、農業(者)大学校(2年)や研修施設などで基礎を学び、酪農家のもとで2年以上実習を行って技術を身につけていきます。
また、酪農ヘルパーとして経験を積む方法もあります。

酪農経営には、乳牛の管理、飼養管理、育種改良、繁殖管理、飼料生産、搾乳機械等の衛生管理、ふん尿処理などに関する知識と技術が必要です。
また、搾乳や牧草生産など機械化が進んでいるので、機械の操作やパソコンを使っての生産管理の技術も重要になっていています。
生物が好きであることが不可欠で、自営業者としての経営知識も必要とされます。
入職前に、飼料生産に用いるトラクターやけん引の免許を取得しておくと役に立ちます。また、「家畜人工授精師」の資格を取得すると、乳牛の繁殖を自ら行うことができるようになります。

高校生の方:
酪農家を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
酪農家に必要な資格・講座を探す


資格について

※酪農家に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

植物・フラワーを扱う仕事


関連記事

国会議員政策担当秘書

国会議員政策担当秘書 (コッカイギインセイサクタントウヒショ)

政策立案をする国会議員の秘書 国会議員政策担当秘書の主な仕事内容 国会議員の政策立案

記事を読む

サッシ工

サッシ工 (サッシコウ)

肉体労働の他に頭脳労働も必要 サッシ工の主な仕事内容 サッシ工とは、職業としてサッシ

記事を読む

バイヤー

バイヤー

流通業界の仕入れのプロ バイヤーの主な仕事内容 デパートや専門店、スーパーマーケット

記事を読む

アニメーター

アニメーター (アニメーター)

アニメ映画やアニメのシーンなどで作画を担当する アニメーターの主な仕事内容 アニメー

記事を読む

金融ディーラー

金融ディーラー (キンユウディーラー)

相場界の金融スペシャリスト 金融ディーラーの主な仕事内容 ディーラーは、外国為替、外

記事を読む

板前

板前 (イタマエ)

日本料理の美と伝統を守る 板前の主な仕事内容 板前の仕事内容は、日本料理を専門にお客に提

記事を読む

社会福祉士

社会福祉士 (シャカイフクシシ)

障害を持つ人の相談相手 社会福祉士の主な仕事内容 専門的知識および技能をもって、身体や精

記事を読む

家電修理工

家電修理工 (カデンシュウリコウ)

家電製品のメーカーとユーザーを結ぶ大切な役割 家電修理工の主な仕事内容  販売店やメーカ

記事を読む

すし職人

すし職人 (スシショクニン)

技術と修行次第で独立開業、高収入も すし職人の主な仕事内容  「すし」は古くからの日

記事を読む

DTPオペレーター

DTPオペレーター (ディーティーピーオペレーター)

印刷の前段階でデザインを担当 DTPオペレーターの主な仕事内容 DTPとは、「Desk

記事を読む



PAGE TOP ↑