職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

犬訓練士 (イヌクンレンシ)

犬の訓練をするのが仕事です

犬訓練士の主な仕事内容

犬訓練士とは、盲導犬や警察犬、災害救助犬、空港などにいる麻薬捜査犬、ガス漏れを嗅ぎつける犬など、犬の特性である嗅覚や利口さなどの能力を活かし様々な分野で活躍させるために専門的な訓練を行い社会に貢献できる犬として育てるのが仕事です。
具体的には、訓練所が犬を預かり基本から応用までの訓練を行うのが一般的であるが、出張訓練に出かける場合もある。
まず、犬と親和を図りながら「座れ」や「伏せ」といった服従を主とする基本訓練を6ヶ月ほど行う。警察犬や盲導犬などの場合は特殊な能力を必要とするので、応用訓練をさらに約6ヶ月行う。
盲導犬の場合は、ラブラドルレトリーバーなどが多くみられます。生後12ヶ月くらいから訓練を始め、障害物をよけることや交差点で止まることなど、盲人を誘導する方法を教育します。
警察犬は、犬の中でもシェパードなどが多く活躍できるようです。臭いから犯人を追及したり、犯罪現場に犯人が残した物品の臭いと容疑者の臭いを選別する訓練などを行います。


犬訓練士になるには

犬の訓練士になるには、日本警察犬協会、ジャパンケンネルクラブ、日本シェパード犬登録教会が実施している所定の試験に合格して、公認訓練士の資格を取得する必要があります。盲導犬については、日本盲導犬協会が認定する歩行指導員の資格が必要です。たいていの場合、訓練士を希望する人は、まず各協会で公認した訓練所に見習訓練士として入所し、技術を身につけ資格を取得後に正規の犬訓練士として働くことが一般的です。犬訓練士としてある程度の経験を積むと、多くの人が独立したり、訓練所を開業したりしているようです。

犬が好きなことは大事な要件ではあるが、それだけでは務まりません。犬を従わせる技能に加え、根気、協調性、生き物を扱うという責任感などが求められます。


資格について

※犬訓練士に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

動物を相手にする資格


関連記事

販売員・セールスマン

販売員・セールスマン (ハンバイイン・セールスマン)

自社の商品やサービス・情報などを顧客に販売する接客業 販売員・セールスマンの主な仕事内容

記事を読む

WEBプロデューサー

WEBプロデューサー (ウェブプロデューサー)

データ分析から予算や進行まで全体を管理する WEBプロデューサーの主な仕事内容 ホー

記事を読む

貿易スタッフ

貿易スタッフ

商業英語、外国為替、経済学などの知識が仕事に役立つ 貿易スタッフの主な仕事内容 貿易

記事を読む

スーツアクター

スーツアクター

着ぐるみを着たパフォーマー スーツアクターの主な仕事内容  マスコットキャラクター、イメ

記事を読む

自衛官

自衛官 (ジエイカン)

高齢化社会に伴い今後益々需要が高まる 自衛官の主な仕事内容 防衛庁が管理運営している

記事を読む

アナウンサー

アナウンサー

放送番組の顔、人気の花形職種 アナウンサーの主な仕事内容 アナウンサーとは、24時間

記事を読む

放送エンジニア

放送エンジニア (ホウソウエンジニア)

放送に必要な専門技術を駆使 放送エンジニアの主な仕事内容 放送エンジニアとは、テレビ

記事を読む

バイヤー

商品バイヤー

流通業界の仕入れのプロ 商品バイヤーの主な仕事内容 デパートや専門店、スーパーマーケ

記事を読む

潜水士

潜水士 (センスイシ)

ダイビングなどレジャースポーツ関係の取得者も多い 潜水士の主な仕事内容 潜水士の仕事は多

記事を読む

非破壊検査員

非破壊検査員 (ヒハカイケンサイン)

工業国では不可欠の専門技術者 非破壊検査員の主な仕事内容 非破壊検査員の仕事は、金属

記事を読む



PAGE TOP ↑