職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

メイクアップアーティスト

タレントなどのメイク担当から特殊メイクまで

メイクアップアーティストの主な仕事内容

メイクアップとヘアセットの技術を駆使して、人をより美しく印象的に見せたり、個性やイメージを表現して、人物の美しさを演出します。
仕事は大きく分けて、雑誌・広告物などの印刷物、テレビ番組やコマーシャル・映画などのムービー、ファッションショーの3種があり、それらに登場するモデルやタレントのメイクアップやヘアセットを行います。
まず、制作会社や編集者から仕事の依頼を受けると、絵コンテなどの企画プランから、どのようなメイクが求められているかといったイメージをつかみます。
必要に応じて、ディレクターやスタイリストと打ち合わせをしたり、確認をとるなどして仕事の概要を把握し、必要なメイクアップ道具や化粧品、ヘア・アクセサリーなどを準備します。

メイクアップアーティストを目指す学校を探す


メイクアップアーティストになるには

 必須の資格はありませんが、メイクの技術を学び、身につけている必要があります。
美容師の資格をとってメイクを受注する美容室等に勤務し、そこでメイクの仕事をしていくケースが多いようです。このように美容室で何年か経験を積んでから独立する人が多い一方で、フリーのメイクアップアーティストのアシスタントを経験した後に独立する人もいます。
人にメイクを施すお仕事なので、社交的で人から信頼される人柄であること、また流行に敏感で常にセンスを磨いていく姿勢が求められます。
言葉づかいや礼儀にも常識が不可欠であるほか、社交的で対人関係を大切にし、人から信頼される人間性も求められる。
トレンドに敏感であることや、技術や芸術的センスを磨く努力も必要となる。
撮影が早朝や深夜に及んだり、屋外の炎天、寒冷の中での仕事という場合もあるため、体力、健康も大切な条件となる。

高校生の方:
メイクアップアーティストを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
メイクアップアーティストに必要な資格・講座を探す


資格について

※メイクアップアーティストに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

メイク・ネイル・エステの資格

美容・理容・ヘアメイクの資格


関連記事

外資系スタッフ

外資系スタッフ (ガイシケイスタッフ)

外資系企業やその支社で働く 外資系スタッフの主な仕事内容 外国資本の割合が高い企業な

記事を読む

ミュージカル俳優

ミュージカル俳優(ミュージカルハイユウ)

歌とダンスで役を演じる ミュージカル俳優の主な仕事内容 ミュージカルの舞台で歌やダンスで役を演

記事を読む

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター

色彩に関する幅広い分野で活躍 カラーコーディネーターの主な仕事内容 アパレル製品、化

記事を読む

修復家

修復家 (シュウフクカ)

美術品を元の状態に復元させる 修復家の主な仕事内容 絵画や彫刻など、年代が古くなったり、

記事を読む

弁理士

弁理士 (ベンリシ)

合格率は3%前後の超難関試験 弁理士の主な仕事内容 弁理士は、企業や個人の発明家に代

記事を読む

管理業務主任者

管理業務主任者 (カンリギョウムシュニンシャ)

マンション管理のマネジメント業務を担う 管理業務主任者の主な仕事内容 マンションに住

記事を読む

ガラス工芸家

ガラス工芸家 (ガラスコウゲイカ)

ガラスを使ってものを創り出す ガラス工芸家の主な仕事内容 ガラス工芸家とは、ガラスを使っ

記事を読む

金融ディーラー

金融ディーラー (キンユウディーラー)

相場界の金融スペシャリスト 金融ディーラーの主な仕事内容 ディーラーは、外国為替、外

記事を読む

ルポライター

ルポライター

「ありのままの事実」を取材して文章にする ルポライターの主な仕事内容 出版社や新聞社から

記事を読む

会社経営者

会社経営者(カイシャケイエイシャ)

会社の未来(継続して企業が成長し続ける仕組み)を創りだす 会社経営者コンサルタントの主な仕事内容

記事を読む

PAGE TOP ↑