職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

ファッションアドバイザー

軽作業ではあるが商品運搬、売り場移動などは体力仕事

ファッションアドバイザーの主な仕事内容

ファッションアドバイザーは、服飾用雑貨を販売する仕事です。
オートクチュール(高級紳士服)やプレタポルテ(高級既製服)が中心のブティックをはじめ、全国に支店を持つファッション専門店、百貨店の中の服飾ショップや個人経営の店舗など、現在ではこの職業の幅も多様になってきています。
商品がそろっているか、きれいにたたまれて配置(展示)されているかなどをチェックします。
一番力を入れている商品をディスプレイし、お客に店の個性をアピールすることも重要な仕事です。
商品の並べ替えや、売上がよくない商品の入れ替えなども行います。
業界では一般にファッションアドバイザーと呼ばれ、単に商品を売るだけでなく、お客の好みに合わせて品物を選んだり、トータルファッションとしてアドバイスできることが重要になってきています。販売する商品の特性を常に把握し、素材・色・形その他の流行を十分知っていること、お客にアドバイスする立場上、販売員自身がその店の商品にふさわしいセンスある着こなしをしていることが大切です。

ファッションアドバイザーを目指す学校を探す

ファッションアドバイザーになるには

 この職業に最も大切なのは明るさと積極性です。
接客業ですから、何より人と接するのが好きでなければなりません。バブル崩壊後は物が思うように売れなくなり、お客の購買意欲を高める商品知識やセンス、会話がより必要になってきています。
一見華やかで、流行の先端の商品に囲まれた楽しい仕事に思えますが、常に立ち仕事であり、商品の運搬や売り場の移動などもあるので、肉体労働の面もあります。
この職業に資格制度はありませんが、やや近い資格として「販売士(1級~3級)」「ファッションコーディネート色彩能力検定」があります。

高校生の方:
ファッションアドバイザーを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
ファッションアドバイザーに必要な資格・講座を探す


資格について

※ファッションアドバイザーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

ファッションビジネスに関わる資格


関連記事

警備員

警備員 (ケイビイン)

安全産業として定着し、社会的役割を担う 警備員の主な仕事内容 一般にガードマンやガー

記事を読む

トレーサー

トレーサー (トレーサー)

製図の原画を完全な図面に仕上げる トレーサーの主な仕事内容 設計技師やデザイナーが描いた図面

記事を読む

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティスト (メイクアップアーティスト)

タレントなどのメイク担当から特殊メイクまで メイクアップアーティストの主な仕事内容

記事を読む

建築施工管理技士

建築施工管理技士 (ケンチクセコウカンリギシ)

建築工事の施工計画を作成 建築施工管理技士の主な仕事内容  建築施工管理技士の仕事は、鉄

記事を読む

家具工

家具工 (カグコウ)

物を創造する喜びが味わえる仕事 家具工の主な仕事内容 家具は和家具と洋家具に大別され

記事を読む

保健師

保健師 (ホケンシ)

地域住民の健康増進を図る 保健師の主な仕事内容 保健師の仕事は、地域住民の健康を守るため

記事を読む

言語聴覚士

言語聴覚士 (ゲンゴチョウカクシ)

福祉現場でのサービス向上に今後注目される 言語聴覚士の主な仕事内容 言語聴覚障害者に

記事を読む

染色工

染色工 (センショクコウ)

主に機械による染色に従事する人たち 染色工の主な仕事内容 染色工の仕事は、各種の染料、薬

記事を読む

理学療法士

理学療法士 (リガクリョウホウシ)

リハビリの専門家 理学療法士の主な仕事内容 理学療法士の仕事は、、障害のある人の身体

記事を読む

オプティシャン

オプティシャン

眼鏡やコンタクトレンズのアドバイザー オプティシャンの主な仕事内容 オプティシャンは

記事を読む



PAGE TOP ↑