職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

電車運転士 (デンシャウンテンシ)

鉄道輸送の最前線 徹底した安全の認識が必要

電車運転士の主な仕事内容

電車運転士の仕事は、乗客や大量の貨物をのせた電車や電気機関車を運転し、安心かつ正確に目的地まで運ぶため、発車の準備、運転、到着後の報告、事故の処置などを行うことが仕事です。
現在、何らかの形で国内の鉄道を利用している人は、年間に延べ228億人に達するといわれています。さらに鉄道は、乗客の他に、大量の荷物を運んでいます。こうした乗客や貨物を、電車や気動車、列車を運転し、安全にしかも大量に目的地まで運ぶのが、電車運転士の仕事です。電車運転士の仕事は、鉄道輸送の最前線の重要な仕事です。



電車運転士を目指す学校を探す

電車運転士になるには

運転士になるためには、運転する動力車種に応じた運転免許が必要です。この免許を取得するには、運輸省指定の動力車操縦者養成所で専門の教育訓練を受けるか、運輸局で実施する動力車操縦者運転免許試験を受けて、合格しなければなりません。一般的には、鉄道会社に採用された人が、駅務員や車掌を一定期間経験した上で、運転士として選抜した人を教育訓練してゆくことが多いようです。

このため、中途採用はほとんどありません。運転士は多数の人命を預かる仕事ですので、だれでも簡単になれるというわけにはいきません。鉄道輸送は高速で、しかも大量の乗客を輸送するため、一瞬の判断のミスや気持ちの動揺が、大事故につながりやすいのです。また、運転士は、運転中は運転時間、車両のくせ、車両数、乗客の込み具合、気象条件などを考慮に入れ、列車進路の信号、踏切、線路の状態に絶えず気を配っていなければなりません。

そのため、いろんな状況に的確かつ迅速に反応できる能力や、どんな場合でも冷静沈着に判断を下せる能力が必要とされます。運転中の緊張に耐える精神力と注意力も備わっていなければなりません。


高校生の方:

電車運転士を目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

電車運転士に必要な資格・講座を探す


資格について

※電車運転士に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

旅行・観光・レジャーの資格

航空・航海の仕事


関連記事

鉄道パーサー

鉄道パーサー (テツドウパーサー)

列車の乗客係 鉄道パーサーの主な仕事内容 JRや私鉄などの鉄道会社では、鉄道パーサーとい

記事を読む

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザー (ショウヒセイカツアドバイザー)

企業内で活躍する消費者とのパイプ役 消費生活アドバイザーの主な仕事内容 消費生活アド

記事を読む

バイヤー

バイヤー

流通業界の仕入れのプロ バイヤーの主な仕事内容 デパートや専門店、スーパーマーケット

記事を読む

楽器インストラクター

楽器インストラクター (ガッキインストラクター)

専門の楽器について、演奏技術を教える 楽器インストラクターの主な仕事内容 音楽教室に

記事を読む

中学教師

中学校教員 (チュウガッコウキョウイン)

専門教科を教えるとともに心のケアも 中学校教員の主な仕事内容 中学校教員は、小学校と

記事を読む

DTPオペレーター

DTPオペレーター (ディーティーピーオペレーター)

印刷の前段階でデザインを担当 DTPオペレーターの主な仕事内容 DTPとは、「Desk

記事を読む

ピアノ調律

ピアノ調律師 (ピアノチョウリツシ)

ピアノの調律・保守を行う専門技術者 ピアノ調律師の主な仕事内容 ピアノ調律師とは、家

記事を読む

計量士

計量士 (ケイリョウシ)

環境の計量管理のエキスパート 計量士の主な仕事内容 環境計量士は、事業所や工場などの

記事を読む

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー (イリョウソーシャルワーカー)

患者が社会復帰するための援助・助言をする 医療ソーシャルワーカーの主な仕事内容 入院

記事を読む

労働基準監督官

労働基準監督官 (ロウドウキジュンカントクカン)

労働条件の確保、改善を行う 労働基準監督官の主な仕事内容 労働省本省または、全国各地の労

記事を読む



PAGE TOP ↑