職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

メカトロニクス技術者 (メカトロニクスギジュツシャ)

メカトロニクス製品の開発・設計

メカトロニクス技術者の主な仕事内容

 メカトロニクスとはメカニック(機械)とエレクトロニクス(電気・電子)の技術を合わせたものを意味します。
 現在では世界で通用する用語となっており、メカトロニクス研究者は、大学、研究機関、企業などで、機械工学、電気・電子工学、制御・情報工学の技術を駆使して、産業用ロボットや自動化設備などの研究開発を行います。
 つまり、メカトロニクス技術者はさまざまな産業分野で、電子制御を利用する工業製品を製造したり、メンテナンスをするのが主な仕事となります。
 例えば、エンジンの開発などもこの仕事の領域になります。
 技術・学術両面において非常に広範囲な専門分野を基盤としているため、最近では、産業用ロボットの開発にとどまらず、医学、物理学、心理学など工学以外の分野への応用も進んでおり、メカトロニクス研究者の学際的な活動が期待されています。
 主な仕事場は、機械メーカーなどになります。



メカトロニクス技術者を目指す学校を探す

メカトロニクス技術者になるには

 特に必須となる資格はありません。
 メカトロニクス研究者になるには、大学の工学部で機械系または電気・電子系の学科を卒業し、さらに大学院(修士・博士課程)を修了し、大学や公的研究機関、企業の研究部門へ入職するのが一般的である。
 大学や専門学校で機械、電子、情報機器関係を学んでおく必要があります。また、機械関係の知識以外にも、物理、数学の知識もあると、就職には有利になるようです。
 就業者のほとんどは男性であり、最終学歴の8割以上が大学院卒です。
 年齢層では30~50歳代が多いです。


高校生の方:

メカトロニクス技術者を目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

メカトロニクス技術者に必要な資格・講座を探す


資格について

※メカトロニクス技術者に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

機械系の資格

電気・電子・通信に関わる資格


関連記事

防水工

防水工 (ボウスイコウ)

建築物の水の浸入を防ぐ重要な仕事 防水工の主な仕事内容 防水工は、建物の仕上げ職種の一つ

記事を読む

楽器インストラクター

楽器インストラクター (ガッキインストラクター)

専門の楽器について、演奏技術を教える 楽器インストラクターの主な仕事内容 音楽教室に

記事を読む

電気工事士

電気工事士 (デンキコウジシ)

電気配線工事を一手に引き受ける 電気工事士の主な仕事内容 電気工事士の仕事は、電力会

記事を読む

音楽雑誌記者

音楽雑誌記者 (オンガクザッシキシャ)

音楽情報を記事にして提供する 音楽雑誌記者の主な仕事内容 音楽のジャンルや雑誌のコンセプ

記事を読む

水産ねり製品製造工

水産ねり製品製造工 (スイサンネリセイヒンセイゾウコウ)

沿岸部を中心に分布、新潟には大規模工場が集中 水産ねり製品製造工の主な仕事内容 たん

記事を読む

ピアノ調律

ピアノ調律師 (ピアノチョウリツシ)

ピアノの調律・保守を行う専門技術者 ピアノ調律師の主な仕事内容 ピアノ調律師とは、家

記事を読む

標題書士

標題書士 (ヒョウダイショシ)

お店や街中の看板を書く専門家 標題書士の主な仕事内容 お店の名前や様々な表示を専門に

記事を読む

書店店員

書店店員 (ショテンテンイン)

幅広い商品知識と情報収集力が必要 書店店員の主な仕事内容 書店の店員は、出版社から発

記事を読む

オプティシャン

オプティシャン

眼鏡やコンタクトレンズのアドバイザー オプティシャンの主な仕事内容 オプティシャンは

記事を読む

政治家

政治家 (セイジカ)

国や自治体を動かす行政のリーダー 政治家の主な仕事内容 国会で重要な議案を決めたり、

記事を読む



PAGE TOP ↑