職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

メカトロニクス技術者 (メカトロニクスギジュツシャ)

メカトロニクス製品の開発・設計

メカトロニクス技術者の主な仕事内容

 メカトロニクスとはメカニック(機械)とエレクトロニクス(電気・電子)の技術を合わせたものを意味します。
 現在では世界で通用する用語となっており、メカトロニクス研究者は、大学、研究機関、企業などで、機械工学、電気・電子工学、制御・情報工学の技術を駆使して、産業用ロボットや自動化設備などの研究開発を行います。
 つまり、メカトロニクス技術者はさまざまな産業分野で、電子制御を利用する工業製品を製造したり、メンテナンスをするのが主な仕事となります。
 例えば、エンジンの開発などもこの仕事の領域になります。
 技術・学術両面において非常に広範囲な専門分野を基盤としているため、最近では、産業用ロボットの開発にとどまらず、医学、物理学、心理学など工学以外の分野への応用も進んでおり、メカトロニクス研究者の学際的な活動が期待されています。
 主な仕事場は、機械メーカーなどになります。



メカトロニクス技術者を目指す学校を探す

メカトロニクス技術者になるには

 特に必須となる資格はありません。
 メカトロニクス研究者になるには、大学の工学部で機械系または電気・電子系の学科を卒業し、さらに大学院(修士・博士課程)を修了し、大学や公的研究機関、企業の研究部門へ入職するのが一般的である。
 大学や専門学校で機械、電子、情報機器関係を学んでおく必要があります。また、機械関係の知識以外にも、物理、数学の知識もあると、就職には有利になるようです。
 就業者のほとんどは男性であり、最終学歴の8割以上が大学院卒です。
 年齢層では30~50歳代が多いです。


高校生の方:

メカトロニクス技術者を目指す大学や専門学校を探す


社会人やフリーターの方:

メカトロニクス技術者に必要な資格・講座を探す


資格について

※メカトロニクス技術者に関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

機械系の資格

電気・電子・通信に関わる資格


関連記事

木工工芸家

木工工芸家 (モッコウコウゲイカ)

木を素材にした伝統工芸をつくる 木工工芸家の主な仕事内容 木材を使った伝統工芸を作る

記事を読む

国際ボランティア

国際ボランティア (コクサイボランティア)

民間レベルで国際協力をする 国際ボランティアの主な仕事内容 政府間での国際協力とは異

記事を読む

リフォーマー

リフォーマー (リフォーマー)

衣服のリフォームや修理をする リフォーマーの主な仕事内容 洋服の寸法直しや、服飾関連小物

記事を読む

ギタリスト

ギタリスト (ギタリスト)

センスとテクニックでギターをあやつる ギタリストの主な仕事内容 同じ曲でも、その人のテク

記事を読む

病棟クラーク

病棟クラーク (ビョウトウクラーク)

患者と医療職との間で活躍する医療サービスの仕事 病棟クラークの主な仕事内容 医療サー

記事を読む

縫製工

縫製工 (ホウセイコウ)

技術革新の進展に伴いさまざまな専用機が開発、導入されている 縫製工の主な仕事内容  

記事を読む

スポーツインストラクター

スポーツインストラクター

各種スポーツの技術指導を行う スポーツインストラクターの主な仕事内容  スポーツイン

記事を読む

コメディアン

コメディアン

新しいセンスでギャグや流行語を生み出す コメディアンの主な仕事内容 コメディアンの仕

記事を読む

イベントプランナー

イベントプランナー

さまざまなイベントの企画立案を行う イベントプランナーの主な仕事内容 企業の販売促進

記事を読む

ディスプレーデザイナー

ディスプレイデザイナー

展示物の表現者 ディスプレイデザイナーの主な仕事内容 店舗のショーウィンドウやテーマ

記事を読む



PAGE TOP ↑