職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

グラフィックデザイナー

フリーで活躍できれば一流の仲間入り

グラフィックデザイナーの主な仕事内容

グラフィックデザイナーとは、日常生活で目にする広告、出版物、商品パッケージ、インターネットなどのデザインやイメージを、魅力的な色や形、構図などを考え、視覚的な表現手法を用いて創作仕事です。
まず、依頼主の目的、商品内容、予算、媒体、納品期日などを確認ます。
その内容に基づいて構想を練り、依頼主の意図に沿ったデザインを自分の感性で作り上げ、必要なスタッフ、制作費、スケジュールなどの計画を立てます。
レタリング技術のほか印刷や製版の知識も不可欠ですが、最近では、デザインツールとしてCG技術を使う場合も多いので、コンピュータに関する知識や技術も必要です。
最近では、紙、筆、三角定規を使って手作業で行う仕事は減り、パソコンを使用して制作する仕事が増えている。
今後、デザインのデジタル化が進み、広範囲にわたってグラフィックデザイナーの役割はますます重視されるようになると予想される。

グラフィックデザイナーを目指す学校を探す

グラフィックデザイナーになるには

 グラフィックデザイナーになる為に必要な資格は特にありません。
専門学校や大学などでデザインに関する知識や技術を学ぶ他、独学で学びグラフィックデザイナーになる場合もあります。広告代理店やデザイン会社などで働いた後、独立することもできます。
企業に勤務している場合は、給与や労働時間は会社の規定に従うが、時間内で一定量の作業をすればよいという仕事ではないので、個人の才能や仕事の速さ、仕事量などにより異なる。
また、依頼者と密接に打ち合わせをする必要があるために時間は不規則になりがちで、残業や休日出勤があったり、フリーで働いている場合には、仕事量との兼ね合いで思うように休みがとれないこともある。

高校生の方:
グラフィックデザイナーを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
グラフィックデザイナーに必要な資格・講座を探す


資格について

※グラフィックデザイナーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

コンピュータを扱う資格


関連記事

音楽教師

音楽教師 (オンガクキョウシ)

豊かな心を育てるため音楽に親しむ喜びを教える 音楽教師の主な仕事内容  児童・生徒に

記事を読む

音楽雑誌記者

音楽雑誌記者 (オンガクザッシキシャ)

音楽情報を記事にして提供する 音楽雑誌記者の主な仕事内容 音楽のジャンルや雑誌のコンセプ

記事を読む

プログラマー

プログラマー

就業分野は情報処理産業全般 プログラマーの主な仕事内容  プログラマーは、コンピュー

記事を読む

fdsfsdf

マニピュレーター

バンドやライブで大活躍 マニピュレーターの主な仕事内容 マニピュレーターの仕事はバン

記事を読む

システムアナリスト

システムアナリスト (システムアナリスト)

システムエンジニアを統括する立場の上級職 システムアナリストの主な仕事内容 システム

記事を読む

ブライダルコーディネーター

ブライダルコーディネーター

結婚式をトータルコーディネイト ブライダルコーディネーターの主な仕事内容 ブライダル

記事を読む

鉄筋工

鉄筋工 (テッキンコウ)

現場での実務経験だけで技能士検定の受験資格が得られる 鉄筋工の主な仕事内容 鉄筋工の

記事を読む

国際ボランティア

国際ボランティア (コクサイボランティア)

民間レベルで国際協力をする 国際ボランティアの主な仕事内容 政府間での国際協力とは異

記事を読む

薬剤師

薬剤師 (ヤクザイシ)

活躍分野は大きく広がっています 薬剤師の主な仕事内容 薬剤師の仕事は、薬学の専門家と

記事を読む

マーケットリサーチャー

マーケットリサーチャー (マーケットリサーチャー)

製品開発に欠かせない調査員 マーケットリサーチャーの主な仕事内容  マーケットリサーチャ

記事を読む



PAGE TOP ↑