職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

グラフィックデザイナー

フリーで活躍できれば一流の仲間入り

グラフィックデザイナーの主な仕事内容

グラフィックデザイナーとは、日常生活で目にする広告、出版物、商品パッケージ、インターネットなどのデザインやイメージを、魅力的な色や形、構図などを考え、視覚的な表現手法を用いて創作仕事です。
まず、依頼主の目的、商品内容、予算、媒体、納品期日などを確認ます。
その内容に基づいて構想を練り、依頼主の意図に沿ったデザインを自分の感性で作り上げ、必要なスタッフ、制作費、スケジュールなどの計画を立てます。
レタリング技術のほか印刷や製版の知識も不可欠ですが、最近では、デザインツールとしてCG技術を使う場合も多いので、コンピュータに関する知識や技術も必要です。
最近では、紙、筆、三角定規を使って手作業で行う仕事は減り、パソコンを使用して制作する仕事が増えている。
今後、デザインのデジタル化が進み、広範囲にわたってグラフィックデザイナーの役割はますます重視されるようになると予想される。

グラフィックデザイナーを目指す学校を探す

グラフィックデザイナーになるには

 グラフィックデザイナーになる為に必要な資格は特にありません。
専門学校や大学などでデザインに関する知識や技術を学ぶ他、独学で学びグラフィックデザイナーになる場合もあります。広告代理店やデザイン会社などで働いた後、独立することもできます。
企業に勤務している場合は、給与や労働時間は会社の規定に従うが、時間内で一定量の作業をすればよいという仕事ではないので、個人の才能や仕事の速さ、仕事量などにより異なる。
また、依頼者と密接に打ち合わせをする必要があるために時間は不規則になりがちで、残業や休日出勤があったり、フリーで働いている場合には、仕事量との兼ね合いで思うように休みがとれないこともある。

高校生の方:
グラフィックデザイナーを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
グラフィックデザイナーに必要な資格・講座を探す


資格について

※グラフィックデザイナーに関係のある資格を一覧でみれます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

コンピュータを扱う資格


関連記事

駐車場管理人

駐車場管理人 (チュウシャジョウカンリニン)

高年齢でも就業できるが労働力の需要は減少傾向 駐車場管理人の主な仕事内容 駐車場管理人の

記事を読む

紡織保全工

紡織保全工 (ボウショクホゼンコウ)

紡績業、織物業は1世紀を超える歴史と技術をもつ 紡織保全工の主な仕事内容 紡績業、織物業

記事を読む

ミュージシャン

ミュージシャン

ミュージシャンの主な仕事内容  ひとくちにミュージシャンと言っても、CDを出し、ツアーを行うア

記事を読む

騎手

騎手 (キシュ)

競馬の花形 騎手の主な仕事内容 平地競走や障害競走では馬の背に、ばんえい競争の場合は、そ

記事を読む

脚本家

脚本家 (キャクホンカ)

映画の構成を考え出演者のセリフ(台本)を書く 脚本家の主な仕事内容 映画やTVドラマ

記事を読む

栄養士

栄養士 (エイヨウシ)

栄養指導を通して健康を守る 栄養士の主な仕事内容 栄養士は、学校や病院などで、栄養に

記事を読む

演出家

演出家 (エンシュツカ)

脚本や舞台効果などすべてを把握した上で構成を演出 演出家の主な仕事内容 素晴らしい脚

記事を読む

スクールカウンセラー

スクールカウンセラー

文部科学省が導入を推進する子ども専門のカウンセラー スクールカウンセラーの主な仕事内容

記事を読む

サウンドプログラマー

サウンドプログラマー (サウンドプログラマー)

デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む サウンドプログラマーの主な仕事内容

記事を読む

画家

画家 (ガカ)

才能を信じて意欲的な創作活動を 画家の主な仕事内容 画家は、時代の感覚や自己の感じる

記事を読む



PAGE TOP ↑