職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

国際公務員(コクサイコウムイン)

国連などの国際機関で世界の平和と繁栄に貢献

国際公務員の主な仕事内容

国際公務員は、国際連合や国連児童基金(UNICEF)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界保健機構(WHO)などの国際機関で働く正規職員(専門職職員、技術協力専門家、一般職職員の3つに分かれる)です。所属している国際機関で専門知識や経験を活かし、世界各国で発生しているさまざまな問題や危機(紛争や難民問題)を解決するために必要な調査や支援などを行っています。
国際公務員は、国際社会の利益(平和や繁栄の推進など)のために国際的中立性を守って働くことが求められます。また、国連では、6つの公用語(英語、フランス語、アラビア語、中国語、ロシア語、スペイン語)が使われているため、2ヶ国語以上の高い語学力が必須です。

国際公務員を目指す学校を探す

国際公務員になるには

国際機関の専門職員は即戦力採用のため、採用条件として、英語やフランス語で高度なコミュニケーションが取れること、大学院修士課程以上を修了していること、国際機関が求める専門分野での職歴や実績があることなどがあり、条件を満たしていないと国際公務員として採用されるのは難しいようです。
国際公務員になる方法はいくつかありますが、まずは、法律・経済・医療・教育・土木・農業など専門分野を決めて大学院まで進み、修士以上の学位を取得後、外務省の「JPO派遣制度(国際機関で職員として一定期間勤務し、必要な知識・経験を積むことができる制度)」を利用するのが近道になるでしょう。非常に高い競争率にはなりますが、派遣期間終了後、欠員や新規ポストの公募に応募して採用される可能性があります。
なお、英語とフランス語のほかスペイン語や中国語などができれば有利です。英語なら、国連英検のA級や特A級、フランス語ならTCFやDELF/DALFを取得を目指すと良いでしょう。

高校生の方:
国際公務員を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
国際公務員に必要な資格・講座を探す


資格について

※国際公務員に関係のある資格を一覧でみられます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

語学力を生かす資格


関連記事

マーシャラー

マーシャラー

旅客機を正確な位置に誘導する仕事 マーシャラーの主な仕事内容 マーシャリングとは、誘

記事を読む

牧師

牧師 (ボクシ)

悩める者の道しるべ 牧師の主な仕事内容 プロテスタント教会の聖職者。教会の礼拝・礼典を執

記事を読む

グランドスタッフ

グランドスタッフ

空港カウンターで乗客サービスを行う グランドスタッフの主な仕事内容 空港業務スタッフ

記事を読む

郵政外務職員

郵政外務職員 (ユウセイガイムショクイン)

郵便物の配達や取り集めが主な仕事 郵政外務職員の主な仕事内容 郵政事務Aの仕事は、郵

記事を読む

潜水士

潜水士 (センスイシ)

ダイビングなどレジャースポーツ関係の取得者も多い 潜水士の主な仕事内容 潜水士の仕事は多

記事を読む

外交官

外交官 (ガイコウカン)

諸外国との窓口となり活躍 外交官の主な仕事内容  日本と海外の国々との政治、経済、文

記事を読む

体育教師

体育教師 (タイイクキョウシ)

授業や課外活動でスポーツの指導をする 体育教師の主な仕事内容 体育教師は、児童・生徒に陸

記事を読む

国税専門官

国税専門官 (コクゼイセンモンカン)

納税を厳しくチェックする取り締まり役 国税専門官の主な仕事内容 国税を専門に扱う国税

記事を読む

フライトアテンダント

フライトアテンダント (フライトアテンダント)

航空機内で乗客サービスを行う フライトアテンダントの主な仕事内容 航空機内において、

記事を読む

臭気判定士

臭気判定士 (シュウキハンテイシ)

悪臭の強さを測定するための国家資格 臭気判定士の主な仕事内容 悪臭防止法の改正により需要

記事を読む



PAGE TOP ↑