職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

貿易スタッフ

商業英語、外国為替、経済学などの知識が仕事に役立つ

貿易スタッフの主な仕事内容

貿易スタッフの仕事は、営業部門と連携しながら、原材料や製品の輸出・輸入といった海外との取引を行う際に必要なデータや情報を整理して、契約に必要な書類を作成するのが主な仕事です。貿易事務員とも言います。

輸出入取引は、現在では貿易商社のみならず、製造業・百貨店をはじめとする流通・販売業においても幅広く行われています。貿易スタッフは、実際の取引業務を行うわけではありませんが、取引を行う商社マンや営業職の人たちをサポートする役割を担います。文書作成は英文が中心となるので、英語など外国語の知識と、OA機器の操作能力が求められる職業です。

現在、貿易手続はインターネットを利用した電子化が進められているが、貿易をする場合、商品によっては40種類に及ぶ書類が必要であり、取引に関係する企業も取引相手、銀行、船会社など20社を超える場合があります。



貿易スタッフを目指す学校を探す

貿易スタッフになるには

貿易スタッフとなるのに、資格制度のようなものはありませんが、海外貿易に英語をはじめとする外国語は不可欠であるため、多くの企業ではTOEICの点数や英語検定の1級等の資格取得を条件としています。
また、パソコンやワープロなどのOA機器全般を正確かつ迅速に使いこなせる能力も問われます。

学歴としては短大・大卒程度で、英文科など英語能力と関連した学部・学科を専攻する方がよいといわれています。営業のサポートとして契約書や事務書類の作成などの事務処理が仕事の大部分を占めますが、貿易実務全般に関する知識や、外国為替、保険や関連法規に対する知識の習得も、仕事の上では必要になってきます。

高校生の方:
貿易スタッフを目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
貿易スタッフに必要な資格・講座を探す


関連のある仕事や資格について

※貿易スタッフに関係のある仕事や資格を一覧でみられます。資格に必要な学校も同時に調べられます。


貿易関係の仕事


関連記事

国際ボランティア

国際ボランティア (コクサイボランティア)

民間レベルで国際協力をする 国際ボランティアの主な仕事内容 政府間での国際協力とは異

記事を読む

検察事務官

検察事務官 (ケンサツジムカン)

検察官をサポートし、事件捜査も行う 検察事務官の主な仕事内容 検察官をサポートし、検察業

記事を読む

広告プランナー

広告プランナー (コウコクプランナー)

効果的な広告をプロデュース 広告プランナーの主な仕事内容 商品や企業イメージなどをそ

記事を読む

スポーツトレーナー

スポーツトレーナー (スポーツトレーナー)

トレーニング指導の専門家 スポーツトレーナーの主な仕事内容 プロ野球選手の専属トレーナー

記事を読む

イラストレーター

イラストレーター (イラストレーター)

制作目的に応えるようなイラストレーションを描く。 イラストレーターの主な仕事内容 イラス

記事を読む

広告会社営業部員

広告会社営業部員 (コウコクガイシャエイギョウブイン)

マルチメディア時代に適合したニュータイプの営業部員への期待が高まる 広告会社営業部員の主な

記事を読む

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティスト (メイクアップアーティスト)

タレントなどのメイク担当から特殊メイクまで メイクアップアーティストの主な仕事内容

記事を読む

フライトアテンダント

フライトアテンダント (フライトアテンダント)

航空機内で乗客サービスを行う フライトアテンダントの主な仕事内容 航空機内において、

記事を読む

ピアノ講師

ピアノ講師(ピアノコウシ)

ピアノレッスンを通じて音楽に親しむ喜びを教える ピアノ講師の主な仕事内容 ピアノのレ

記事を読む

パイロット

パイロット

定期航空会社の採用は毎年合計で130人程度 パイロットの主な仕事内容  パイロットは

記事を読む



PAGE TOP ↑