職業図鑑 450種以上の職業について詳しくご紹介。職業調べ・仕事探し・学校探しが出来る職業の総合サイト!

将来の進路や自分の仕事について模索している人が様々な職業の具体的な内容をチェックできる便利なナビゲーションサイト

救急救命士 (キュウキュウキュウメイシ)

救急現場や救急車の中で重態患者の命を救う

救急救命士の主な仕事内容

交通事故や心臓病などで瀕死の状態になっている患者を救急車で病院に運ぶ際に、現場および車内で傷病者の気道の確保や静脈路確保のための輸血などを行うのが救急救命士です。平成3年に制定された資格で、救急救命士の活躍により救急患者の救命率は年々向上しています。

消防署の指令センターなどの指令を受け、救急車などに乗って現場に急行します。傷病者の症状を確認し、その場で応急処置を行います。傷病者を救急車に収用し、搬送先の病院に向かいます。その車内において、医師の具体的・包括的指示のもとで、聴診器による心音の確認、心電図を用いた心拍数の測定、酸素吸入器による酸素投与、心停止の際に除細動器による除細動などの措置を行います。さらには、専用電話で救急指導医師の指示を受けながら、輸液や気管内チューブによる気管確保などの救急救命措置を行うこともあります。

病院に到着してからは、傷病者を引き渡し、症状や応急処置の内容を医師に報告します。署に戻り報告書などを作成し、次の出動に備えます。

救急現場の場所によってはヘリコプターや飛行機で出動することもあり、機内において措置をする場合もあります。

救急救命士を目指す学校を探す

救急救命士になるには

大学入学資格を有する者で、文部科学大臣または厚生労働大臣の指定する救急救命士学校・養成所(指定校)で2年課程を卒業するなどした後、国家試験を受験します。

救急業務は消防において行われているため、救急車に乗務するには、消防職の公務員試験を受けて消防士として採用される必要があります。

病院に搬送しながら傷病者に適切な処置を行う必要があるため、迅速に冷静な判断ができる必要があります。また、緊急を要する作業のため、機敏に的確な処置を行うことも重要です。人命に関わる仕事のため、責任感と忍耐力が求められます。

高校生の方:
救急救命士を目指す大学や専門学校を探す

社会人やフリーターの方:
救急救命士に必要な資格・講座を探す


関連する仕事や資格について

※救急救命士に関係のある仕事や資格を一覧でみられます。資格に必要な学校も同時に調べられます。

公務員・政治に関わる資格

医療治療に関わる資格


関連記事

コンパニオン

コンパニオン (コンパニオン)

ショールームやイベントの盛り上げ役 コンパニオンの主な仕事内容 メーカーのショールームや

記事を読む

アウトドアインストラクター

アウトドアインストラクター

アウトドアスポーツのインストラクター アウトドアインストラクターの主な仕事内容 アウ

記事を読む

学芸員

学芸員 (ガクゲイイン)

博物館などで働きながら研究もできる 学芸員の主な仕事内容  学芸員は博物館や美術館な

記事を読む

美術鑑定士

美術鑑定士 (ビジュツカンテイシ)

美術品の価値を見抜くプロ 美術鑑定士の主な仕事内容 絵や美術品を見る鑑識眼が必要な仕事で

記事を読む

家電修理工

家電修理工 (カデンシュウリコウ)

家電製品のメーカーとユーザーを結ぶ大切な役割 家電修理工の主な仕事内容  販売店やメーカ

記事を読む

ナレーター

ナレーター

映像に言葉をのせていく専門家 ナレーターの主な仕事内容 映画やドキュメンタリー、テレビド

記事を読む

音響スタッフ

音響スタッフ (オンキョウスタッフ)

効果音を制作したり、音声・音響を調節する 音響スタッフの主な仕事内容 舞台や映画、テ

記事を読む

スクールカウンセラー

スクールカウンセラー

文部科学省が導入を推進する子ども専門のカウンセラー スクールカウンセラーの主な仕事内容

記事を読む

修復家

修復家 (シュウフクカ)

美術品を元の状態に復元させる 修復家の主な仕事内容 絵画や彫刻など、年代が古くなったり、

記事を読む

指揮者

指揮者 (シキシャ)

イメージ通りに曲を演奏させるまとめ役 指揮者の主な仕事内容 指揮者はオーケストラの音

記事を読む



PAGE TOP ↑